RSS
Admin
Archives

たるけんの縁側

『小さな住まいの設計室』はじめました

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
01 09 08 07 06 05 04 03 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 01 11 10 06 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 03 01 12 10 09 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.06
06
CM:0
TB:0
23:56
Category : たびたび たび
鳴門と言えば、金時が先に思い浮かびますが、
2番目は、うず潮でしょうか。

IMG_5126.jpg

一度は見てみたいよね、という簡単な気持ちだったので、
メカニズムや、常に大きな渦が見れる訳ではないことを、前日に知りました・・・あ。

それも、月の満ち欠けと大いに関係していて、満月や新月は太陽や月の引力により、水位差が大きくなり、大きな渦となる事。
季節も3月下旬から4月下旬が最も観賞に良い時季であること。
一日のうちでも、潮の満ち引きにより、見頃の時間帯がある事。

結構生ものだったんですね、汗。
見頃カレンダーがあるので、うず潮を見に行かれる方は参考にされて下さい。

見頃表・潮見表

IMG_1719.jpg

この大鳴門橋の橋桁の中(道路の下)を、ひたすら歩くと、渦を真上から、見れる場所があります。
ガラス張りなので、かなりドキドキ。載れますが、気分的には載れません。

DSC00573.jpg
↑ジャンプ禁止って書いてある。できませんから 笑
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。