RSS
Admin
Archives

たるけんの縁側

『小さな住まいの設計室』はじめました

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
01 09 08 07 06 05 04 03 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 01 11 10 06 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 03 01 12 10 09 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.06
02
CM:0
TB:0
19:52
Category : たびたび たび
25(周)年の旅、まず向かったのは、姫路城。
伊丹空港から直行のリムジンバスが出ています。

ほら、白鷺が舞い降りたよ。
IMG_5086.jpg

ずっと改修していたから、なかなか見れませんでしたね。
今回の旅のメインはここでもあります。

駅前から一直線上に凛としてそびえていました。
おおおーっ!神々しい。

月曜日なのに、人がたくさんで ←当たり前?
入場規制も敷かれました。
この日はたまたま暑かったらしく、本丸までの徒歩も、天守までの急勾配な階段も、結構キツかった~。

大きな荷物は駅のコインロッカーに預けたのですが、
最終的には、息子が歩かなくなって、ある意味大きな荷物同等で、
そんな中、私は建物視察に勤しみ、ど~もすみません

今回は都心部であること、移動距離やスピードを考えて、極力車は使わずに、交通機関にしました。
息子にも、多くの乗り物を経験させてみたい、という思いからでもあります。

さて、本題。城を視察する時に大好きなのが、この石積み。
力の分散加減が絶妙なこのアールにうっとり♡ 

IMG_5088.jpg

そして、近づけば近づくほど、城は白くない、ダジャレのようですが、白はなかなか保てないのを知りました。
(白い住宅がずっと白いままではいられない感じ)

IMG_1564_20150618200911a36.jpg

それでも威風堂々、このお城は別格ですね。(そんなに見た事ないですけど

IMG_1566.jpg

ん~余は満足じゃ☆

IMG_1568_20150618200909825.jpg

銃砲口がカワイらしい。〇△□〇□△
これは挟間(さま)・・・土塀の壁面に開けられた矢や鉄砲を放つ為の穴。

さあ、内部を見てみましょう。


柱や梁の部材が大きい、とにかく大きい。
たまたま人が写っていませんが、上階に上がるに連れ、人人人で、
重量オーバーにならないよね、ってちょっとドキドキ。

IMG_1550.jpg

格子窓の格子も光が入りやすいように角が取られているのですね。
柔らかい光りが入り、内部は結構明るいです。
石落しの金具も、いつの時代から使われているんだろう、ってタイムトラベルな気分。

IMG_1556_2015061820213916f.jpg

釘隠しにハート♡が、と思ったら、6枚の葉の間に猪目と呼ばれる隙間なんだそうです。
いずれにせよ、この当時のデザイナーさんか職人さんの粋な気持ちが伝わってくるようです。

IMG_1557.jpg

以前に行った松山城は、ボランティアで城案内をして下さる方がいて、
時代背景と現代との比較や、見所を教えて下さって、面白かったなぁ~。
じっくり見れる方は、そういった方やアイコンを利用すると、
きっともっと楽しい思い出になると思いますよ

グッバイ姫路城、さぁ次の目的地へ。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。