RSS
Admin
Archives

たるけんの縁側

『小さな住まいの設計室』はじめました

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
01 09 08 07 06 05 04 03 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 01 11 10 06 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 03 01 12 10 09 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.04
30
CM:0
TB:0
01:54
Category : たびたび たび
ちょっと足を延ばして、遠くの美術館へ

IMG_2241.jpg

たくさんの木が集まって、森になるサイン。うっすらと青く光る。

IMG_2240.jpg

有名な「犬」が待ってくれてました。

IMG_2259.jpg
すでに、500kmも運転してくれている主人に息子を預け、
申し訳ない思いで、一人鑑賞しました。

今回は、常設展だけに絞って、早足で鑑賞します。
シャガール、奈良美智、棟方志功、ウルトラ怪獣のデザイン成田亨、

はじめて知って良い印象だったのが村上善男の作品、
自分が生まれた頃の作品なのに、ちっとも古くささを感じさせない、
むしろ現代美術と言っても、分からないぐらいの斬新さ。

「ミナ ペルホネンの仕事をそれぞれ紹介する小企画展示」
あったの?衣装のデザインをしたのですか。なるほど素敵だったワケね。

あれ、寺山修司は、どこにあったの?

慌てて見る私には、ガイドマップを開いている時間もいだましい(←もったいない方言)
順路が分かりずらーい。
美術館と子供連れというのは≠で、その頃の子育てをしている方達はどう乗り切っているのだろうか。
キッズルームがあるだけ、全然うれしいけど。

IMG_2244_20130506015433.jpg

途中のホールの照明は、光が降ってくるようで、とても美しい仕上がりでした。

IMG_2247.jpg

テクスチャーがいいですね。土壁とクラック(ひび)
IMG_2245.jpg

白い壁はレンガに塗装だったんですね。朽ちていく姿も全然嫌いではありません。
IMG_2253.jpg

このずっと後、八甲田山を経由したのですが、今の時期、山の雪が融け始め、
針葉樹の頭がひょっこりと現れている姿を見た瞬間、ファサードを飾るサインの形は、
インスパイアされたのだと、時空を超えた共有が出来た様な気がしました

青森県立美術館でした。
IMG_2261.jpg
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。