RSS
Admin
Archives

たるけんの縁側

『小さな住まいの設計室』はじめました

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
01 09 08 07 06 05 04 03 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 01 11 10 06 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 03 01 12 10 09 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.08
26
CM:6
TB:0
21:23
Category : たびたび たび
そろそろ、直島かと思っていた皆さん、こんにちは
もういっちょ高松です。

DOCOMOMO #047 香川県庁舎 (現 香川県庁舎 東館) 丹下健三氏設計


モダニズムの王道です♪
コンクリート・ガラス・スチールの無機質素材、
そして内部は、木部と鮮やかな色使い。



猪熊弦一郎さんの陶板がお出迎え。
太陽と月がイメージされてます。
「1950年代の庁舎建設ブームや伝統への関心、建築家と芸術家との協働などを象徴する建物であり、
丹下健三の代表作のひとつに挙げられる。全体をふたつのボリュームに分けて庭園を配しつつ、
道路から庭園への空間的連続性を考慮して、低層棟をピロティで持ち上げている。それゆえ、
住民のための空間が積極的に創出された。柱と梁による伝統表現が試みられた建築でもある。
コア部分の壁画は猪熊弦一郎によるもの」

(casa BRUTUS 2004より vol.54より引用しました)

ただでさえウキウキするのに、
仕事中の方を横目に散策するのは、ことさら愉しい
かなり自由に入れます。ま、県庁舎ですものね。



私の勝手なモダニズムのイメージですが、
イイ意味で、ずんぐりむっくりなところが好きです。

細くて痛そうな線ではなく、丸みを帯びて、テロッとしているというか。
外観の横にシャープなラインも、実際間近で見ると、ボテッとして肉厚です。



北欧的なブルーの床も、上手に混在しています。



家具も作られてますよー。
少し適当に扱われている印象・・・



なにげない椅子までも。モダニズムのかほり。

DSC_47601540.jpg

うーん、ずっと残って欲しい建物でした
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

今晩は

今晩は。
香川県はいったことがないですね。今年は暑いですから、四国も大変ではなかったですか?
今頃ですが、surugaimaiさんからツイッターを始められたとか聞きました。
ますます行動範囲が広がりますね。

■doudesyoさん

こんばんは、コメント有難うございますi-179
ご無沙汰しております。

え?
ツイッターって何ですか?
美味しいですかi-229

imaiさん流、
間接的プレッシャーかと思いますi-282

実は何者だか分かりません。
すっかり時代に置いてけぼりです。

四国旅行へも iナントカ を貸してあげたのに、
と言われましたが、
もう何が何だかi-229

香川は見所満載!
景色も美しく、とても美味しい国でしたよ。

こんにちは

瀬戸内国際芸術祭が開催される土台があったというか、
もともと四国は芸術的な土地だったのですね。

かなーり昔行ったときとは、ずいぶん違う。^^;

四国アート巡礼に、私も行ってみたくなりました。

■fuuさん

こんにちは~
そろそろ瀬戸内へのカウントダウンですねi-87

この芸術祭、今年が初開催だとは知りませんでした。
(直島が有名すぎて?)
新潟の越後妻有アートと似てるので、
てっきり、新潟が後者かと思っていたら、
逆でした。

それもそのはず、アートディレクターが一緒で、
とても見やすかったですよi-179

四国二国アート巡礼ですよっi-278
半人前な感じがイイでしょ。

No title

そろそろ直島だと思っていた、わかりやすい白あずき登場!

さすが、行くところが違いますよねー。
(私はここの前は車で通っただけ)
中も楽しそー♪
壁の赤と白のブロックになってるのは、棚?パーテーション?
それとも、ただの壁?

お役所巡りも、なかなか楽しいですよね。
だけど、役所に行くと、
どうも仕事をしているようで、落ち着かないのが悲しい・・・。

■白あずきさん

直島に行く前に行き過ぎたm.mですi-179
これから行きたかったのに行けなかったところが、
じゃんじゃん出てきますよi-241

赤白は、
棚パーテーションですね。
ある階では、掲示板化してましたが。
もったいな~いi-179

お役所巡り、全然気にならず満喫~♪
17時前からバックを持って、
17時きっかりに帰れるスタッフ。
夢のような職場ですねi-278

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。