RSS
Admin
Archives

たるけんの縁側

『小さな住まいの設計室』はじめました

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
01 09 08 07 06 05 04 03 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 01 11 10 06 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 03 01 12 10 09 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.08
23
CM:2
TB:0
23:13
Category : たびたび たび
やっとアートらしくなります。
次は、うちわで有名な丸亀市へ



『丸亀市猪熊弦一郎現代美術館』です。

ガイドマップではすごく小さく載っていましたが、
アートの師 mayuさんのコメントに書かれていたので、
これは是非行かねば、と。

谷口吉生さんの設計
うわぁ、やっぱり好きだー



2階なら撮っていいですよ、と言われました・・・いいのよね?
余計なものがない、まっさらな建物キャンバスに、
猪熊さんの作品が、とても良く映えていると思います。



家具さえも主張しない。



駅前にあって、市民に開かれている建物。
正面左側の長い階段を上って、振り返ると、



黒い空間が一転、白い空間になっています。
見えない意図だったのでしょうか、隠れキャラを見つけた気分で、嬉しい

DSC_47371548.jpg

更に、オリジナルグッズが充実。デザインがまた好みー♪
そして何もかも良心的価格です。

mayuさんありがとう。
ここは是非、おすすめしたい場所ですね


次は、坂出市の『東山魁夷せとうち美術館』へ
(丸亀も坂出もさぬきうどんの聖地、中讃地区です)



アプローチは、東山魁夷さんの作品、『道』をモチーフにしているそうな。
瀬戸内海に面し、小さく佇んでます。



瀬戸内国際芸術祭と連携し、千住博さんの『青の世界』が展示されています。
ポスターに惹かれて行きました。

真っ暗い室内に、蛍光塗料で描かれた滝が、青く青く浮かび上がります。
鳥肌が立ちました。本当に幻想的です。見応えありますよ。
こちらもオススメです。

くるくる廻る瀬戸大橋タワーからの眺めです。
上空132m



せとうち美術館も谷口吉生さん設計。
実は、トイレのカウンターが同じデザインだったところから気がつきました。
(それまで知らなかったとも言うのですが・・・)

建物ヲタは、トイレを利用するのは基本ですよね?
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

基本です♪

わーい、見たことある馬の絵~♪
谷口さんの建物だったんですねー。
そういえば、国立博物館の法隆寺館に中の雰囲気が似てます。
白い壁に黒でいたずら描きみたいなアートは、MOMAっぽいし♪

東山魁夷、好きなんですよ!
そういえば、「道」ねー、うーん。

青い滝、すごいなー、見てみたい!
日本画に蛍光塗料を使うなんて、さすが千住さんです。


■白あずきさん

ですよね♪

馬の絵~ 何バージョンか仕入れました。
文字を書くのにレイアウトがちと、てこずりましたがi-278

谷口さんの建物、法隆寺宝物館はピカイチですよねぇ。
葛西臨海公園も土門拳も、
谷口さんの設計と知らず見て、
好きだなぁーデスi-233

ここはMIMOCAで、MOMAと感じも似てますね。

そっかー東山ファンですね。
そっちのお馬さんも有名ですものね。

青い滝、是非、どこかでご覧下さい。
千住一家の千住さんだとは、帰ってから知りました。

知らないことばっかりだーi-179

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。