RSS
Admin
Archives

たるけんの縁側

『小さな住まいの設計室』はじめました

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
01 09 08 07 06 05 04 03 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 01 11 10 06 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 03 01 12 10 09 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.08
22
CM:6
TB:0
13:33
Category : たびたび たび
日本最古の温泉と言われれば、行かずにはいられません『道後温泉本館』


アベッカムさんに、ありがたい情報を頂きましたが、
長蛇の列にあきらめモード

この外観だけでも見応え充分です♪
(中はもっとかも知れませんけどね・・・)


道後温泉と言えば、↑こちらのイメージが強いですが、


以前の出入口は↑こちらだったとか。(高須賀氏情報)

どうりで、屋根の上のシラサギが、こっち向きになっている訳です。
「日本最古の温泉といわれ、出雲の神も入浴したと伝わる道後温泉。
聖徳太子は理想郷と称え、多くの皇族や文人墨客が訪れてきた。
明治27年(1894)に建てられた道後温泉本館は、かの夏目漱石が絶賛し、
ミシュランで三ツ星を獲得したほどの伝統ある建物だ。神様をも癒した
湯の恵みを、誰もが気軽に受けられる公衆浴場として親しまれている」
(るるぶ四国より引用いたします)

神さまが入った温泉!であり、皇族専用の入口!が東手にあります。
長?い柄のひしゃくでお湯をかけ、玉之石に祈願してきましたよ。

本館を後にし、街を散策。
陶板の地図だー、この3D式は分かりやすいですね。


駅前のからくり時計。このサイズから、



最長サイズ?、子ども達にも大人気でした。
pg

さらに、街に入った時、目に付いた石段、伊佐爾波(いさにわ)神社へ。


後方の皆さんも参道を向かっていたので、石段を登り振り返ったら、誰もいない・・・。
この暑さ、誰も登る人なんか・・・気合を入れて登ります。



国の重要文化財になっていたらしいです(高須賀氏情報)
汗だくで、よく見ておらず・・・。
記録的な猛暑の中のこの階段はキツかったです

その後、
じゃこ天食べて、道後サイダー飲んで、
鯛めしを食べて、道後ビールを飲んで、

夜にまた、道後温泉本館へ。




疲れとホロ酔い気分で、建物がより一層、幻想的に感じました
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

千と千尋の道後温泉

道後のお湯は、早朝も風情があります。

あとは、やはり夜。あの千と千尋を彷彿とさせるのが、2階席および3階席。

 多くの観光客は、1階のお湯だけで済ませてしまい、とてももったいないと思うのでありました。

 ここ最近は、週末の高速料金割引とか、無料区間とかの影響で、道後温泉も行列になると聞きました。良いのか悪いのか・・・

 共同浴場はほかに、椿の湯というところがありますが、今、もう一つ新たに建設しようという案も出ているそうです。

 

 
 

■アベッカムさんへ

やっぱり、千と千尋ですよね、友人に話したら、
違うでしょ、って言われ自信無くしてましたi-236

夜景、良かったですね~。
ぎやまんガラスの朱色が特に効いていて。
ガス灯みないな明かりもぼんやりしてて。

あ~そうか~2・3階残念。
中に入ろうか、と思えないほどの人・人・人でしたi-241
仕方ない、今回は、諦めようと思いました。

しかも公衆浴場負けすることがあって、
人が多いほど、ダメなんですね。
初日から、具合悪くしたくないな、という思いもありました。

温泉は大好きですよi-179
あ!中だけ見学できたのかな?

椿の湯ありましたね。
写真を撮って、中を覗きました。

高速の事はあまり肯定できませんが、
人が動き、街が活性化されるのは喜ばしいと思います。

私なんか持っていったお金、全~部、
伊予さんと讃岐さんに差し上げましたi-237
今回は寿だったので、結構持っていったつもりなのですが、
すっからかんになって帰ってきました。

私が少しでも役に立てたなら、と満足気ですi-234

No title

道後温泉、大好きです~。
あの雰囲気。白鷺の彫刻。朝の太鼓。

温泉入りましたか?
脱衣室のロッカーに、ブラを忘れてきたバカは私です・・・

■白あずきさんへ

あぁ、あれね。白あずきさんのブ○
料金所に「忘れ物」って置いてありましたよi-277

うそうそ、サギ、シロサギってことで。

いやぁ、でも、さすが旅ミシュラン☆☆☆
完璧なるマーキングですよねぇ。

うそうそi-179

温泉は人がいっぱいすぎて、諦めました。
人が少ない時、リベンジしたいっi-86

No title

ご無沙汰してます。
風情ある道後温泉本館の写真ですねi-228
いかにも千と千尋の神隠しって雰囲気もi-228芋洗いだったんですねi-198
また行ってみたいなぁi-228

■kaku-chanさん

あらぁご無沙汰してますi-237
どうやら経験済みのようですね。
私は内観は未経験なので、半人前なのですが、
外観だけでもゾクゾクしました。

松山と高松間はとても遠かったのですが、
四国に行くなら、ここは外したくない場所でした。

やっぱり千と千尋だったら、見てみたいですよねぇi-179

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。