RSS
Admin
Archives

たるけんの縁側

『小さな住まいの設計室』はじめました

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
01 09 08 07 06 05 04 03 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 01 11 10 06 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 03 01 12 10 09 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.06
13

TB:0
20:41
Category : たてもの
ななな・なんと、ナイコンキャメラの充電が切れた・・・・・プッツン

(西沢さんの建物よ)

ぎりぎり、藤森さんには間に合いましたが、西沢さん、藤本さんの建物にあっては、
すずめの涙ほどしか写真が撮れず、本当に泣く泣くキャメラを借りて撮りました。

で、手元に写真が無い。ショック 
良かったですよ、本当に。お伝えできない(ある意味自慢話)ができないのが、ショックです。






外観です。


中です。
住宅街にあるのが、残念な感じですが、緑が青々としていると似合いますね黒と(内から)


ワンフロアも気持ちいいな。


こちらは、時間によって光があたる場所が違うというコンセプトの元、考えられました。
詳しく説明できない・・・そうっか、私は写真が無いと記憶してないということが分かりました(発見)
見上げると、こんな感じ。スチレンボード?


誰が一生懸命作ったのだろうと、ヨコシマな気持ちで見てました。


厚ぼったい屋根で熱射をコントロールしています。
説明の限界です。ごめんなさい。

そして、お隣にある、藤本壮介さんの建物。
こちらは、部屋の用途ごとの棟になっております。

DSC_15080004.jpg

靴を脱いで、こっちの階段から個室に入り、外に出て、靴を履き、隣の棟へ。

楽しい♪
鉄扉にサンダルが挟まったのが、難点だね、とイジワル言ってみたい。

本当によく考えられていて、というか想像をまったく超え過ぎていて、
藤森さんとは、別な意味で楽しい♪



次の棟には何があるのか、どんどん進め。
上から下へ縦横無尽のプラン。
かと思えば行き止まり、植栽に着いたり。高いところに登ったり。
頭をぶつけるほどの低さであったり。
高いところにいるのに、すぐそこが、地面のような錯覚をおぼえる、不思議。

かと思えば、お隣の塀を利用し、絵のように切り取られた美しい浴室がある。
面白さと美しさを兼ね備えている方なのね。

あーまたお腹がいっぱい。
そうして、伊東豊雄さんの建物まで、行き着けない記事になりました。
なので、百聞は一見にしかず、でおしまいです

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。