RSS
Admin
Archives

たるけんの縁側

『小さな住まいの設計室』はじめました

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
01 09 08 07 06 05 04 03 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 01 11 10 06 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 03 01 12 10 09 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.03
15
CM:2
TB:0
20:36
Category : たびたび たび

そこは、まだ越後湯沢だった。
(最後の金沢旅行記です)

帰りのルートはこうでした。

金沢発→(JRはくたか号)→越後湯沢 乗り換え
越後湯沢→(JRとき)→大宮 乗り換え
大宮→(JRやまびこ)→郡山 最終の新幹線で着

金沢からの特急電車に乗り、鱒寿司なぞ かぶりつきながら、快調なすべりだし。
電車は富山県の中ほどに差し掛かった頃、室内灯がビガビガッ、プツンと切れました。

「ん?」

初めての北陸線乗車に、妄想が膨らみます。
?夕飯の後はゆっくりおやすみなさいモードで、電気を消してくれるサービスなのか・・・
?エコロジーを実践しているのか・・・
?はたまた・・・故障?

友人とまさかの妄想話で盛り上がっている中、電車は走り続けます。
しばらく経ち、気のせいだったね、と思った瞬間、また

ビガビガッ、プツン・・・・・・・・・
やっぱり?よね。
ほどなくして、アナウンスが流れました。

「先ほど室内灯が消えましたが、安全上に支障が無いことが分かりましたので、
このまま運転を続けます」的な内容。

はー心配した、このまま停まったら最終の新幹線に乗れなかったねぇ
って言ってるそばから、

ビガビガッ、プツン・・・・・・・・・

(何だったんだ、さっきのアナウンス) という緊張感で、車内は静まりかえります。
なんでも電気系統の異常が発生し、駅で点検します、と。
・・・・・
点検で異常が無かったので、また走り出しました。

しかし電車のスピードは次第に落ち、
ついに泊(とまり)駅で、電車は停まりました・・・。

またアナウンス
「整備士が駅に向っているので、少々お待ち下さい。」に車内はざわつきます。
しばらくして、トイレどうする?という雰囲気になり、
でも点検が完了したら、出発しちゃうよね、と立つに立てません。

そしてアナウンス
「駅のトイレをご利用下さい」 ほっ。
トイレ休憩長蛇の列。やっと順番が回ってきて、まさにその瞬間。

「電車の整備が済みましたので、乗客の皆様はお戻り下さい。」
って、まだ並んでいる人も連れ戻されます。

みんな走って乗り込んでーーーーっ、

「この電車はこれ以上走れないことが判明しました。」 あのぉ・・・

指定席とおさらばし、後発の電車に乗ります。
陸橋(?)が落ちるんじゃないかというぐらいの人、人、人。
我先に状態で電車に乗り込み、乗車率200%(当社比)。
空気も悪く、足の踏み場もありません。気分を悪くする人も。
その地獄の様相で2時間はキツかった・・・おえ。



ということで、最終の東北新幹線には確実に乗れない時間になり、
JRで宿を準備してくれることになりました。
あれだけいた人は都心部に帰り、たった3人だけ宿泊。
(都心部の人はお車代のようでした)

じゃーん。




↑私らが一日目に停まったシティホテルより、豪華だし
もう一泊できてラッキーかも、って結構あっさり釣られました。
そんなオチつきの金沢旅行でした。



それでも、きっちり払い戻しをしてもらったのは言うまでもありません
その辺はしっかり遠慮無しです。
(上から2番目に 事故車両金額払い戻し申し出 の記載があります)

いやねぇ、年をとると
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

乗り物運

それが、乗り物運というものなのだよ。妹よ。

ひどい目に遭ったけど、まぁ、後になってみると、
それも面白かったかな・・・と、思える時がきっと来るさ。

だけど、指定席だったのにぎゅーぎゅー後続電車に乗り換えはやだな(経験あり)。
で、北陸線は、強風でよく止まるよね(経験あり)。
結局乗り換えに間に合わなくって、用意されたホテルが、旅行中一番リッチだったりすると、
一気に元とった気分になるよね(これも経験あり)。
で、返金はとーぜんの権利です!
私は当時若かったけど、しっかり返金してもらったわよー(てことは、これも経験あり)。

わたくしの長い半生の中で経験した、
『乗り物運の悪さ』記事を謹んでTBいたします。
血筋だということが、これでわかるはず。
あきらめなさい。”血”なのですi-227
いひひー

●白あずきさん

やはり、そうですか姉さん。
ただでは済まない旅行ばかり経験しているんで、妹も。
友人にも、何かあるかも知れないと告知はしていたのですが、
『やっぱりMちゃんって』って。i-278

どうやら普通な人生を送れない星の下の生まれですよね、血だわi-179

そっかー払い戻しは、書くのを躊躇しましたが、
当然!と言って頂けると心強いです。

曖昧にされそうだったけど、きっちり話を通して、意外と返ってきまして・・・

ホントあの窮屈はひどかったですもの。
生涯初の痴漢に遭った気もするし。←?
厚着してたから、よく分かんなかったけどi-278

なんにしても、経験ですね!?i-179

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。