FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

たるけんの縁側

『小さな住まいの設計室』はじめました

カレンダー(月別)
11 ≪│2019/12│≫ 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
01 09 08 07 06 05 04 03 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 01 11 10 06 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 03 01 12 10 09 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2005.06
07
CM:1
TB:0
12:46
Category : たてもの
DSC03919-30.jpg

内部は撮影禁止なので載せません。

先日の群馬ツアーの最終目的地'富弘美術館'
何だか期限の過ぎたレポートを提出するような気分です。
予備知識にどうぞhttp://www.vill.seta-azuma.gunma.jp/htm/azm11110.htm

建築雑誌などあちこちで目にしていた話題の建物。
旬な建物は旬なうちに見たいなぁと、今回の群馬が確定しました。
高崎市を出たのが3時半だったので、ナビの予想で行くと東村に4時半着。
美術館の入館は4時半までなので、気ばかり焦る・・・
車のスピードが上がれば到着予想時刻も早まり、
片側一車線の日光に向うバイカーが前方を塞げばどんどん遅れる・・・
32分 31分 あ?33分てなぐあい。御急ぎでなければ、退いて下さい。

妙に信号の多い道でしたが、30分ちょうど着
ナビ正解です。

見た目意外性がありました。
こんな場所にひょっこり現れたこと、
思っていたより小さかったこと。

中に入って富弘さんの作品観る、建物を見る、作品を観る、建物を見る、時間が無いので忙しい。

噂に聞いていた順路が分かり難い美術館
管理サイドで手書きの順路がしっかり書かれてました。

建物の内部は賑やかです。これでもかっ、ってぐらい仕上げ材に力入ってます。
半ば意地にも見えましたが・・・。
?のへやが沢山あるよりも、作品を沢山観たかったな。

多分見る人間が変わるととても楽しい建物だと思います。
色んな素材を多用し、何よりコンセプトが面白い。
一生懸命さとか、大変さは伝わってきます。
商業や施設建築の仕事をしている人は好きかな。
私がどちらかと言えば人工的な美しさよりも自然に近いもの
井上邸のような建物に美しさを感じるから、見え方が違うのです。悪く書いてごめんなさいね。

富弘さんの絵や詩
実はあんまり知らなくて、大好きになって帰ってきました。
表現が非常に豊かで、そのことを表現する私の言葉が乏しいので、是非これを機に読んでみて下さい。

群馬ツアー 完  m.m

スポンサーサイト



Comment

非公開コメント

自宅はOM!

富弘さんの自宅は確かOMソーラーでしたよね。

OMの陽だまりのやわらかさから
あの表現力が生まれるのかも・・・

勝手な解釈でした。(五本指ソックスより)