RSS
Admin
Archives

たるけんの縁側

『小さな住まいの設計室』はじめました

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
01 09 08 07 06 05 04 03 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 01 11 10 06 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 03 01 12 10 09 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.08
27
CM:4
TB:0
00:03
Category : たびたび たび
(少し書いてあった記事が続きますので、ご了承下さい。さーっとナナメ読みでも、煮ても焼いても

私が泊まったArt biotopには温泉はなく、
各部屋にはシャワーユニットが据えつけられています。
こちらは洗面の様子



温泉は本館と東館、露天風呂の計3つあり、そちらも利用できますが、
フィッシュ&チップスに胃がもたれている間に夜中になり、
ほろ酔いも手伝い、朝からチャレンジすることに。
チェックアウトの11時まで、3つ制覇。けっこう本気です

本館、この6部屋が二期のスタートです。

この地下へ潜ると温泉です。



石張りの床、壁・天井ムクの板張り仕上げ。テーマは和ですね。
木製建具越しに見る、雨露に濡れた山の景色は、絵画のようで絶品です。
時間が時間なので、貸切状態、むふ。

湯落とし口の上にはうさぎのブロンズ像が。
思うに、不思議の国へのいざないってことでしょうか。

次は、東館 フロントです。


東館 メイン棟を遠景で。少し雨染みが。
DSC_87800055.jpg

コンランショップのテレンス・コンラン デザイン。青いタイルとガラスが印象的なお風呂。
内湯と外湯があり、大きなガラス越しに映る景色は現実なのか、ガラスに映って反射しているのか、
錯覚を起こすようなシンメトリー設計。やるぅ。

そして、最後に露天風呂
小雨に濡れながら、川沿いを歩きます。
至るところ山野草に溢れており、どこまでも心和ませる演出がステキ。

だって、キノコの生えた手摺、すごい自然でしょ。こういうのたまらん。


最後の露天風呂は、木と大谷石の造り。
材料の地産地消かな。

小舟に掛け湯が入っており、真新しい感覚。
他は、少し温めのお風呂でしたが、ここは屋外専用だからか若干温かくなっています。
山の中の開放感と、もう言葉では言い尽くせません。
3つ制覇した甲斐あり。←やっぱり本気です。

うー癒されます
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

ド~エ

時が経つと自然に溶け込みますね。「環境共生」は、時が解決してくれるものかもしれません。(イイカゲン)
キーワードは、土、水、太陽ですね。でも、私はこれから水の無い砂漠に行きます。ド~エは、実はエジプトだったのです。9月3日には、エジプトから真面目に環境共生について報告させていただきます。この場をお借りし、予告編を流させていただきました。お礼に土産話をたんまり持ってきますので、お許しください。

手摺りキノコ、一瞬排水溝から何かドロドロしたものが排出されているのかと・・・
不思議な形です。
みつけた時、イタダキ!って思ったでしょ。

二枚目の写真、
「まさに、二期倶楽部!」
ってかんじですね~。
今の時期、百合が咲いてるんですね~、うっとり。

私は温泉好きですが、のぼせやすいので、
朝から3つ連覇はムリっす。
その場合、露天ははずせませんね~。
風呂までのアプローチが良さそうです。

ところで、エジプト行くとか言ってる人がいますけど。
おみやげ、なんて言ってますけど。
やっぱ、帰朝報告でしょう、銀座の寿司屋で。

●surugakiさん 2

時が経って溶け込んだ姿が美しい
やはりホンモノを使う意味がありますね(オオマジメ)

ド~エはエジプトのエだったのかぁ、そっかぁi-179
って、分かるわけないでしょi-232

いいなぁ、すこぶる余生を楽しんでますね ←ひがみ
爺は120歳ぐらいまで、生きそうですけどね。
この勢いで、世界2周半ぐらいできそうですね。

さっすが、富豪!

これも優秀な社長と社員の賜物です。
社員旅行にヴェトナム連れて行くぐらいでは、罰は当たりませんよ。

富豪なのに、ヴェトナム程度では、むしろ罰があたるかも ←やっぱりひがむi-278

●白あずきさん

白あずきさんに ばっかりコメント頂いて、申し訳ないと注釈をつけましたが、
軽~く無視していただくあたり、あったかいですi-241

>手摺キノコ
いただきっ!!でしたね。
なんていうか、こういうまさに溶け込んでいる姿にを感じてしまいます。

ちょうどヤマユリなシーズンでした。
きっと他のシーズンでも楽しませてくれるでしょうね。
秋も、冬も、春も良さそうです。 ←全部っi-237

温泉はカラスのなんちゃら、ですね。
覗き見が優先でしたので、
貸切はなによりのご馳走でしたi-179

某爺様はどうやら、
エジプトとかドバイとか世界の富豪の仲間入をされるようですね。
合言葉は、久兵衛 ですね。

そんな爺の懐事情を知ってしまった上で、
自ら上がるのは失礼に当たるかも知れません。
自家用ジェットでお迎えに来てくれる日を
心待ちにしておりますi-278

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。