RSS
Admin
Archives

たるけんの縁側

『小さな住まいの設計室』はじめました

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
01 09 08 07 06 05 04 03 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 01 11 10 06 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 03 01 12 10 09 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.03
23
CM:12
TB:0
23:47
Category : きれいなもの
今日は天気が良かったなぁ。
お陰さまでドラックストア行きです。
私のように泣きじゃくっている人で売り場は軽く混雑、夜の9時・・・

こちらはお彼岸の画像です。
雨のせいで、花粉症の私のように泣きじゃくっています。
click!するとデッカくなるよう。

葉牡丹の涙(これはclick!ぜひ)


白い葉牡丹の涙


雪柳


わからない


新芽


梅の蕾


福寿草の蕾(花の後、かな)


ふきのとう(こちらもclick!ぜひ)


春の雨は、花粉症にやさしい。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

美しいですね。
こんな自然の涙に最近惹かれます。
雨上がりの梢の水滴に日が当たってキラキラしているのを見た時などは、宝石の輝き以上に思えたりしますね。
それと綺麗な涙を流せる人間でありたいと思います。

それにしても私はお陰さまで縁が無いですが、どうぞお大事に・・・

魚の目にも涙

って、なんだっけー。
え?鬼の目?
ちがう、ちがう。なんか古典に出てきたような・・・(忘却の彼方ー)
で、m.mの目に涙・・・御見舞申し上げます。
今年もそんな季節なんですね。
何年か前の、紙に似顔絵書いて薬瓶に貼ったやつを思い出しました。
今思い返すと、クリソツです。

さて、葉ボタンって、水滴がきれいに残りますよね~、ウットリです。
それに、ふきのとう(盛岡ではバッケという)、小さな花がツボミの裂け目から覗いてる~。
春になったかなぁ、もう咲いてもいい?
いや、福島はまだ油断できないぜ・・・
とか、囁き合って牽制しているようです。

鳥啼き、魚の目に泪・・・だったような。
調べて出直します。 オヤスミ

■surugamuraさん

いの一番で爺が見えたのかと思ったら、
muraさんではないですか、ありがとうございまーすi-179
しっかし、大の社長を掴まえて、爺呼ばわりとは、失礼極まりない話ですよねi-229
ごめんなさい。

>宝石の輝き
おっ、タイトルを何にしようか考えていて、私も’宝石’というイメージを持っていましたi-228
まるで宝石箱のようだと・・・
ね、やっぱりクサイですよねi-278

花粉症の涙は、どちらかと言えば、洗い流す涙でしょうか。
女の涙も時と場所を選ばないと効果はありませんね。
私は、くやしくて泣く事が多いのですが、
男性は感動して泣くことが多いようですね。

『感動の再会スペシャル』系では泣けない、私i-229

■白あずきさん

まず 姉さんの、脅威の記憶力に脱帽ですi-237
>何年か前の、紙に似顔絵書いて薬瓶に貼ったやつ・・・これですね。
http://taruken.blog8.fc2.com/blog-entry-351.html
私もすっかり忘れていた記事を覚えていてくれるなんて、参りましこ

葉牡丹はキャベツのお友達なんですね。
キャベツもきれいに水玉が残りますね。
なるほど、なるほど。

ウチでは、ふきのとうは、やはり ふきのとうと呼びますが、
つい先日、母がFukippaと言った言葉が聞き取れずに、
何やソレ状態。蕗の葉と言っていたらしいです。
この年になっても分からない方言・訛り ありますねi-179

その句、初体験でi-229
行く春や鳥啼き魚の目は泪

春が行ってしまうのは悲しいよう、な内容なのですね。
またしても脅威の記憶力ですが、

いったい何時まで起きてるのー。
ちゃんと休んでよー。

息をのむような美しさです。
みずみずしい画像に癒されます。

震度4?

こんばんは。
今日、福島沖震源の地震があったようですが、
大事なかったでしょうか?

葉牡丹のフリルに落ちた涙は、王妃のかなぁ?
私も滴が大好きで、
そこに映る世界に惹かれます。

我が家の娘たちも花粉症デビューしたようです。
60歳が境目で、
それまでにかからなければ一生無事と聞いたのですが、
ほんとうでしょうか?
精神年齢ならまだまだだし、
肉体年齢だともうとっくに峠を過ぎて…。^^;

アレルギーのある人は、きっと繊細なのでしょうね。
どうぞお大事に。

■シロシロスルガさん

お忙しいようですね。たまに癒されて下さいねi-228

ユニクロ話題の補足をさせて下さい。
まるでユニラーにケンカを売っているようなコメントになり申し訳ありませんi-230
しかし今、着用しているのは、
ユニクロのカーディガンと無印のシャツと事務用スカートです。
さっきまで寝間着もフリースじゃないユニクロでしたし。
なんでぇ、着てるじゃん!ですi-229

ただ、シャツは、無印が私の体にジャストサイズなので、
ずいぶん無印には貢献させて頂きました。
着心地の良さは、そういうところで感じています。

噂のユニクロ・サーモテックはツレに買ってあげました。
寒いところで仕事していますので、
上下で着てましたよ。そう、股引もですi-179
だいぶ暖かいようですね。

私も厳寒期はタイツの上に、
ユニクロや他のズボンを履き、セーターに作業上着と時々カイロで乗り越えています。

結局、ユニクロ様様でございますi-233
伸び縮みが激しいのは靴下やPンツです。
消耗しているんですから当然ですねi-278

70%のプロ級ではありませんが、だいぶユニクロマニヨン人ですようi-237

魚の目にも涙2

全てが輝く宝石のようです。ただ、本物の宝石は見たことがありません
ので、想像の域を脱していませんが・・・。花粉症には、水泳が良いみたいです。(自説)水の中で、パチクリ目を開けたり閉じたりしていると
花粉がとれてスッキリします。目の周りの筋肉も付き、ショボショボ
した目は、宝石の美しさを取り戻します。是非、試してみてください。
「継続は力なり」ですけどね。
あれぇ~。少し話題が「逸れましこ」ですので、また出直してきます。

■fuuさん

震度3でした。
自宅APで食事中でしたので、だいぶ揺れました。
会社にいる人は気がつかなかったらしいです。
車の乗っていた人も気付いたのに ↑鈍感すぎi-277
大事には至りませんでしたよ。

>葉牡丹のフリルに落ちた涙は、王妃のかなぁ?
そう、そうそう!!フリルっぽいですよねi-237
なんかそのヘリのグラデーションがまた美しくて、うっとり。
そして、fuuさんのように素敵な言葉を発せられる人物像に、
軌道修正したいものですー。

>花粉症
それまでアレルギーとは無縁でした。
まさか自分がなるとは思わずに生きてました。
会社に入って3年目ぐらいかなぁ、コップの水が溢れちゃったのは。
それから湯水の如く、ですi-241

社屋が主要幹線沿いにあるので、その粉塵がアレルギーを引き起こしたようです。
杉とダストアレルギーを持っていました。

社内でも花粉症にならない人もいますので、
体質もあるんでしょうね、
やっぱり、デリケートなのかしらん。
って結論付けてみましたi-179

■surugakiさん

ご心配ありがとうございます。
水着姿にならなくても、目の花粉はとれそうですが、貴重なアドバイスです。
参考にします(社交辞令)i-179

水泳で目の筋力もつくとは・
どうりで爺の目はつぶらでパチクリしているのですね。
まぁどっちかって言うと、つぶら より ずぼら が似合う?i-278

私も宝石には興味ありません、同感ですね。
『宝石をくれるなら、もっとデカいものが欲しい』がモットーでしたから。
最近では言う出番すら、ありませんi-232
(えぇえぇ、どうせ最近でもないですよー)

大きい箱と小さい箱、どちらがイイ?と聞かれたら間違いなく、大きい箱ですi-237

目が、目がぁぁっ

むおお、マクロ美ーー!
ふきのうとうとか、
花の中に花の中に花の(以下ループi-237

今年の花粉は強烈ですね。
鼻がもうふがふが。
よって、花水かと思ってしまいましたが、
涙!そうそう涙ですよね。

なんか目には目を療法だと、
花粉がぶんぶん舞う山中をあえて歩くとかあったなぁ。i-183

■すろうさん

ふきのとうの中にまたふきのとうが・・・i-179
フラクタルふきのとう!
(使い方が間違っているかもしれませんi-229)

ひな祭りの日にはもう、今年のコップの水が溢れました。
薬を飲んでなくてもだるい・・・今年はひどいですねぇ。

>花粉がぶんぶん舞う山中をあえて歩く
あ、聞いたことある。
体内に杉を取り込め、とお茶を頂いたことも。

家族には、なぜ山の中で育って杉花粉症になるのだ、と疑問視されますが、
杉とダストがからまって、発症するとある時聞いて、納得しましたi-183

だって、会社はバイパス沿い・・・

くぅぅ、泣けてくるぅi-241

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。