RSS
Admin
Archives

たるけんの縁側

『小さな住まいの設計室』はじめました

カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
01 09 08 07 06 05 04 03 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 01 11 10 06 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 03 01 12 10 09 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.03
12
CM:12
TB:0
19:57
Category : おもうこと
エッセイとはすなわち自慢話である・・・

月曜日の昼間、現場の帰りのラジオから聞こえてきた衝撃のくだり。
エッセイ=ブログと聞こえたからハッとした。
井上ひさしさん の言葉だとか。

(私ってこんなことまで知っているのよ)
(気の利いた言い回しでしょ)・・・云云

分かっていつつも、認めたくなかった事実を突きつけられたようで、
筆者もやはり驚いたそう。

女性の声での詩の朗読が続き、その内容に高笑いしてしまった。
(表現が違っていたらゴメンなさいね)

する方は良いが、される方はたまらないのが自慢話。
自慢話とは、相手に負担を強いるのでマナーが大事という内容。
聞きたくない自慢話として、

昔はモテたのよ自慢
ケンカが強かった自慢
私は愛されてるのよ自慢
父が社長だ、とか、息子が良い学校に行ってるの、やら
本人のことではない係累自慢・・・等々

(あ?わかるわかる)

そして、やっかいなのが
不幸自慢

事あるごとに使うと効果が無い
トラウマ自慢

自慢話をするには、マナーが必要らしいのです。
自慢をすることは極力避けたいつもりが、ついつい通ってしまっているんでしょうか。
まるで気がついておりませんが。

私の場合、ブログを書くことは、こんな素敵な光景に出会ったのよ?的な気持ちが・・・
と言うと、聞こえ良過ぎですね 

きれいに写真撮れたのよ(自己満)、見て見て?というものだったり、
ここ行ってきたのよう、美味しいもの食べたのよう、
私だって作れるのよ見直してちょうだい、的な考えは腹の中にあります。
(この瞬間に腹の中から飛び出してしまいましたね)

それが自分では気付かぬうちに・・・ハッてなワケでした

結論として、自慢話は聞きぐるしくない程度に、
聞いてもらっているのだという謙虚な姿勢を忘るるべからず、ってことのよう。


とても印象に残ったので、調べてみたら、
酒井順子さんの『黒いマナー』という本の’自慢のマナー’という一節のようでした。
酒井さんと聞いてもピンとこなかったのですが、
負け犬の遠吠え』の方だと知り、ピーンときました。

そうか、今後じっくり、読んでみよ。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

だって、だって~

黙ってたらダレも褒めてくれないんだもーん。
自分で自慢しなくちゃー。
褒められて伸びるタイプなのよー。
褒められないと、縮んでいくタイプでもあるのよー。
いいじゃん。

それより、私の悩みは、
他人の自慢話をどおやってオトナに受け流すか・・・
(または、褒めてあげられるか)

自慢話はやめられそうにないので、
こっちの方が今後の課題ですな。
(えらそー)

自慢礼賛

人の幸せを、自分の幸せのように感じることができたら、素敵ですね。

もっとみんな自慢していいと思ったりもします。そのほうが楽しいときもありますので。

 こちら愛媛のみかん農家は、みんな、『おらんとこのみかんが一番じゃ!』

 と思っていることと思います。

 そうした気持ちで、みんなと切磋琢磨していって、結果的にいいみかんが出来たら、いいですよね。

 なので、私は、人の自慢話を聞くのが、けっこう好きです。

 その上で、自分にはなかったものをその人から学ぶこともできるし、その人以上に活用することもできると思います。
 
 まあ、ぶっちゃけ、うちのみかんが一番なんだけどね~。

▼白あずきさん

早速のコメントありがとうございます。
白あずきさんから自慢くさ~のニオイがしたことは記憶にありませんよー。
むしろ、サービス精神(思いやり)が感じられます 随所に。
↑えらそうですねi-179

普段、自分も人も公にはホメないので、こういう言葉に慣れてません。
このぐらいでご勘弁を~。

>他人の自慢話をどおやってオトナに受け流すか・・・
そうそう、それが苦手なんどす。
何せ、自分に厳しいと他人にも厳しい目で見てるんです。
お前がかっ、と言われるかも知れませんがi-229
細かいことにもびんびん反応する、神経質なんですよねぇ。

でも、それはいわゆる気が利くということですよね、ね。
いいことでもあると思ふ。

ホメ殺しあいi-237してみました。

▼アベッカムさん

うん、一理も二理もある大人な考えですね。
すごい器の大きさを感じますi-233

私が育った環境は、
東北に限ったことではないのでしょうが、
辛抱・忍耐が美徳のような風習があるような気がします。
雪深く寒いから、あんまり口を開かないことが原因かな。
暖かい地方の方のように
陽気にしゃべっているようなイメージは少ないですね。
だって会話も謙虚ですもの。

『おたくの野菜はうまいない』
『いや、そんなことねぇ・・・』
『いやいや』
『いや・・・』てな感じi-179

なにせ、母の教えが
おごることなかれ、お前の上はいくらでもいる~
なので、得意になることを恥らう気持ちを持っています。
この地域を出たことのない母が言うのですから、文化として根付いているのかも知れません。

しかし、陽気にホメ合いには憧れるわぁ、大阪のオバちゃんみたいにi-179

うむむ~~

なるほど・・・
いえてるなぁ・・・

最近blogかけなくなったのは
何も自慢するものがないからなのかもしれない!(笑)

生存表明に来ました。
とりあえず何とか生きてます。
ハァハァ・・・。

▼kasumiさん

こちらも生きてますようi-179

たった一つの記事に対して、
なるほど、言えてる という方と、
なんでだ、いいだろう という方と、
まったく問題ない という方がいて、興味深い結果ですよねi-237

私はkasumiさんと似ているんだと思います、考え方とか。

>何も自慢するものがない
違いますよ。kasumiさんは特に忙しいの。
自分の生活あってのブログなんで、
マイペースで良いと思います、よねー。

どきっ!

何のためのブログか…が論じられているとは…。v-356
ちょうど今、ブログを始めたきっかけを思い出していましたので。

私のばあいは、万一のとき娘たちに母が何を考えていたのかわかるように、
そして、自分を見つめなおしたり落ち着かせるため。
でもって、そうやって自分をさらけだしたら、
もしかしたら共感して理解しあえる人もいるかもしれないと。
そんなきわめて個人的な目的で、はっきり言って、単なる吐露です。^^;

いやぁ、なんだか恥ずかしくなりましたが、
そんなブログも、ありでしょうか。v-355

気が利く

要するに「自画自賛」するより「他画他賛」が大切ということですね。
勉強になります。そういえば、最近、「ほめ殺し」という言葉が
聞かなくなりましたね。↑あ、上に書いてありました。失礼しました。
さすが、ましこさんです。気が利いていますね。

▼fuuさん

おはようございます。
昨夜はヒートアップしてしまいました お恥ずかしい。
だいぶ、引かれるのではないかと内心ドキドキしていましたが、
心配いらなかったようですi-179

私(達)がブログを始めたきっかけは、
会社の宣伝というか、会社内のアピールでした。
メーカーのように宣伝しませんので、
まずは、高いと思われている(ようなんです)敷居を取り除きたかった。
そして、人をウリにして行こう路線で、
HPの方へシフトし、今日に至ります。

私達がすぐさま私のブログになりましたけどねi-179

ブログは日記なんだなぁ、と改めて思うのは、
このころ、自分が何を考えて、何をしていたか分かることですよね。

fuuさんと同じように、
自分に共感して、面倒見て、時には叱ってくれる方達に会えたのは、
とてつもない財産です。
人生捨てたもんじゃないですよねi-179
言うのはまだ早いかしら?

▼surugakiさん

自画自賛も他画他賛もイイですけど、
陰翳礼讃が一番美しいですねi-179
読んだことないんですけどねi-229

>勉強になります。

写真の無い記事だとイの一番にいらっしゃらないところが
実に分かりやすいですね。
今井さん流の気の利かせ方でしょうかi-277
もしくは、
いつものコメント定型文が使えなかったのだと推測してしまいますが、
それすら超越したマメぶりには頭が上がりませんので、
静岡に足を向けて寝ないことにします。

ちょうど、北枕ですしねi-237

自漫

わしのブログの当初の目的・・それは!
「アフィリエイトやってみよう。」そんだけなのです。巷で流行ってるしとりあえず実験、
飽きたらとっとやめよう程度の思考回路。
よって最初の方の記事は、ひたすら商品紹介。
それが日記へと変遷したのは、
双方向性のなせる技なのかな。
なんだかんだ言ってリアクションがあるってのはうれしいもんだねi-237

そうしているうちに、児童文学の先生だかが、
「文章は書き慣れていても難しい。
普段からブログやメールなどで鍛えろ」
という内容の事を仰っていたので、
ふむふむ、ボケ防止にも良いなと思いつつ、
なかなか文章書くってのも勇気いるよね。
何しろ世界中の価値観に晒されるので、
思わぬ解釈をされるかも~なんて。

逆の立場になった場合、
ブログという媒体に限っては、
自慢だろうか、徒然だろうが、愚痴グッチーだろうが
気にならないのさ。
だって、読み手が選択できるし、コメントするもよし
スルーするもよしだよね。
リアルだと、どうかな。その時の気分かも?(おいっ)




▼すろうさんはAB型?

すろうさん最長文記録ですねぇ、たぶん←あいまいi-179

このラジオ朗読を聞いて書いて、同じ意見が断然多いと思いきや、
そうでもない、ということが一番の発見でした。

そして、ここに来てくれた皆さん
ちゃんと読んでくれて、
自分の意見を書いてくれるところが、
バーチャルではないという気持ちにさせてくれます。
うれしいです、tooi-228

おっしゃるように文章を書くのは、脳の訓練にイイですね。
書くからには調べるし、あいまいだったことが分かるし、
知識が深まりますね。←自分の好きな分野だけ~i-229
そして、あれしよう、これしようの原動力にもなってます。

ブログは>自慢だろうか、徒然だろうが、愚痴グッチーだろうが
>気にならないのさ。

そうか、スルー可ですね、確かに。
現実生活では、よく捕まっちゃうんですよ私、逃げ下手でi-278

そして、私なりにブログでは、
コメントの返しをいかに笑わせるか、
に力を注いできたかもi-179

そっちの方が頭、フル回転~i-234

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。