RSS
Admin
Archives

たるけんの縁側

『小さな住まいの設計室』はじめました

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
01 09 08 07 06 05 04 03 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 01 11 10 06 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 03 01 12 10 09 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.02
19
CM:10
TB:0
23:23
Category : 観光案内
自身初となる(と思う)土蔵造りの本堂です。

明治13年の大火により木造の本堂が消失。
その当時、土蔵だけが残り、明治29年土蔵造りの本堂が建立されました。

安勝寺 黒い瓦に白い漆喰が対照的。



木鼻も真っ白です。
きはなって言うんですね、ここ



窓には土戸とガラス戸が入れられています。肉眼では確認できませんが・・・
入口は、土戸、板桟戸、障子戸の三重装備です。防火に重点を置いています。

以上です。短っ

そして、最後に街中に12あると言われる酒蔵の中で、
見学がてきると書いてあった、大和川酒造店さんに入りました。

中は酒作りの資料館のようで、昔の道具やら米やら展示してあります。
バスの団体さんと一緒になりました。
コースを回ったら、即売所にたどり着く仕組みになっています



ここにもやはり、こんこんと湧き水が。



敷地内を流れています。



中の様子。



あっ 終っちゃった。
だいぶ記憶がおぼろなので、詳細が書けません。
やはり、ネタと記事は新鮮なうちに いただくのが一番ですねぇ。←苦し紛れ

続きは、実際の目で確かめにおいで下さいませ。おしまい
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

げげげっ

ど、どおしたことでしょう。
もう、更新されているではないですかっ。
(どうせあとで、爺にぱくられることを想定し、最初から爺口調にしときました。)

私の読みでは、勢いで一気に全記事を書き上げ、
アップだけ時間差攻撃とみた。
または、会社クビになったか?
(当たってたら、ワラエナイ・・・)

造り酒屋、いいですね。
やはり、よい水あるところ、よい酒あり。
酒飲みあるところ、よい居酒屋あり。 ん?

酒記事はよくわかんなーい、とか言って、
やっぱり酒蔵行ってるあたり、ポイント外してないねー。
よしよし。 (なにが?)

げげげっ 2

>ど、どおしたことでしょう。
もう、更新されているではないですかっ。
(どうせあとで、爺にぱくられることを想定し、最初から爺口調にしときました。) ・・・とてもよい心がけですね。(大パクリ)
それにしても勉強になる記事が続きますね。頭が下がります。

清らかな水があるところに清酒ありですね。心まで清められました。
「そうだ!エビアン アップしよう!」・・・昨年の5月の記事ですけどね。
リユースの大切さもこの記事から学ぶことが出来ました。ありがとう
ございます。(意味不明)

▼白あずきさん

>または、会社クビになったか?
・・・i-230

怒濤のUPは書き溜めはしていませんよう。
下書きはしていたけどi-278 ←ソレ?
眠たい目をこすりながらだったので、最後は力尽きてますね。
夜は弱いんです。朝も弱いしi-277

>酒記事はよくわかんなーい、とか言って、
やっぱり酒蔵行ってるあたり、ポイント外してないねー。

あざーっすi-179
きっちり記事を読み、記憶してくれているあたり、
姉さんもバリバリですね(意味不明)

>または、会社クビになったか?
可能性はゼロではないですよね、サラリーマンはi-241
もしそうなったら、
『お疲れっ!』って両手を広げて迎え入れて下さい。←なぜか意味深i-179

▼surugakiさん

リユースでもリデュースでもリサイクルでもOKなんですぅ。
爺のコメントもいつもリユースだしねぇi-278
環境に優しいコメントを心がけているあたり、やはり器が違いますねぇ。

今日はちょっぴり多めにイヤミを言ってみましこi-179

じゃ、エビアンの記事覗きに行こうかなぁ。
逆催促i-203

お知らせ

エヴィアン(予告編)をアップしました。・・・お知らせまで。

げげげっ3

ど、どおしたことでしょう。 (慣用句?)

木鼻・・・ぷぷっi-237
なんとなく微笑ましい用語ですね。
イキモノもニヤッてしてるし♪

まぶしい漆喰に、清らかな水!(鼻血)
いいね~渋いね~
家を漆喰にしたかったんだけど、
ただの吹きつけになったさ。
内装はボロってきたら、トイレあたりから
塗り壁にしてやりたいです(野望)


▼爺へ

逆お知らせになりますが、
コクチョウの大きな画像が無いの、会社には。
ってことで、休みの少なさに免じて下さい(?)
できれば、休みを増やすよう手を回すなり、お金を積んで下さい。

啼けてくるぅi-239

▼すろうさん

げっげげのげ~
木鼻と言うらしいのですよ。
木おでこ とかもあるとか無いとか。←ないだろっi-179

漆喰=高い イメージはありますねぇ。
お値段が張る素材は時間が経つと効果を発揮しますね。
そういう私の実家もメイン以外はエコクロスっちゅうものを使ったり、
本意では 大人の事情によりありますi-179

この間帰ったら、アートな壁紙になっていました。
姪っ子甥っ子のステキなキャンバスと化して、
微笑ましい限りですi-277

>トイレあたりから、塗り壁
いい考えですね。消臭効果のある・・・
臭い部屋には蓋・・・
いえ、すろうさん家のお便所が臭いって言ってるんじゃなくて・・・

しどろもどろごっこi-179

こんばんは

喜多方というとラーメン!…と単純な私でしたが、
お蕎麦でしたか?
そういえば、ラーメンの味もあっさりしていたような。
あ、これはラーメン博物館でのことです。

なかなか味わいのある佇まいの町ですね。
歴史も古いのかなぁ。
私にとっては、おかげさまで喜多方の認識新たでした。

湧き水もきっと美味しいんでしょうね。
試飲巡りも愉しそう♪…なーんて正直に言っちゃいました。v-398

木鼻? たしかに立派なお鼻!

▼fuuさん

こんばんは、遅くなってしまいすみません。
パソコンからずっと離れていました。

喜多方=ラーメンでも蕎麦でも酒でも、
知られていることは嬉しいことです。
そうですね、喜多方ラーメンはあっさりしている気がしますね。
結構、私はこってりが好きで、とんこつとかも
好みですねぃi-179

湧き水もおいしそうですよね、あ、飲んでないやi-229
夏に行ったので、陽射しの下、その流れている様子だけでも、涼しげで良いですね。
打ち水とかしても気持ち良さそうですし。

滑ったのは地元ですよー。猪苗代スキー場 ←マイナーi-229
車でちょこっと行ってきましたi-33i-203

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。