RSS
Admin
Archives

たるけんの縁側

『小さな住まいの設計室』はじめました

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
01 09 08 07 06 05 04 03 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 01 11 10 06 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 03 01 12 10 09 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.06
02
CM:2
TB:0
17:45
Category : たてもの
DSC03901-30.jpg

続いては、さらに高崎市駅側にある’旧井上房一郎邸'です。
別名:高崎哲学堂 別名が旧井上房一郎邸かもしれない。

以下、色々な資料から抜粋です―
ブルーノ・タウトを支援し、群馬交響楽団や群馬音楽センター・県立近代美術館など「文化の街高崎」の芸術・文化に尽力した井上房一郎が41年間居住した住宅。
2000年に高崎市都市景観重要建築物に指定されています。

1952年に井上は自宅の焼失に遭い、親交のあったA・レーモンドの「麻布笄町の自邸」に惚れ込み、平面図を借り受け、大工に実寸を採らせ、本来は細部の図面のなかったこの住宅を、まったくそっくりに再現した。現在「麻布自邸」は取り壊され、瓜二つのこの住宅にて「レーモンド・スタイル」を実感できる。

ただし、相違点が五つ
事務所付き二棟であったのを一棟にし、東西を反転させ、プールの庭が竹と石燈籠の庭になったこと。そして夫人の為の部屋を寝室と厨房の間にし、靴ばきから靴を脱いで生活するスタイルに変えたこと。                     ―以上

これまたとても目立たない佇まい
駅前にひょっこり緑が生い茂っている敷地にあります。
静かな裏通りに面している門をくぐれば
建物の背中が見え、受付という言葉を頼りに小径を辿っていくと
元気な管理人さんが待っていました。

こんなに目立たない場所にあるのに
建築科の学生さんぽい人や老夫婦
建築にちょっぴり詳しそうなおばちゃん二人組
そして私たちグループ
結構ごった返し状態。

レーモンドの建物によく現れる丸太で挟み込む屋根の構造体。
とても深い軒にかかわらず、ハイサイドライトと障子越しに
柔らかーい光。画のように切りとられた景色。必見です。

ちょっぴり、いやだいぶ残念だったのは
厨房や浴室、使用人の部屋が原型を留めていないであろう
散らかしっぷり。
「ちょっと散らかってますけど?宜しかったらどうぞ」って仰いました?
いいえ、相当散らかってます。

でも、管理人さんから素敵な言葉がありました。
大雨の日、十六間(29m)もあるこの樋の無い軒先から落ちてくる姿は
’雨のカーテンのようで美しい’
雨の日にも訪れたいそんな思いになりました。

それまでに奥の部屋片付けておいて下さいね。m.m


DSC03905-30.jpg


DSC03908-30.jpg

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

コメント&トラックバックありがとうございました。

私が行ったときは他に誰もいなくて、この空間を堪能することができました。もちろん、おばちゃんも独り占めでしたよ。雨のエピソードはお約束のようですね。

他の記事も読ませていただきました。
白井晟一設計は旧松井田町役場しかじっくり見たことありませんが、キアラ館も素敵ですね。
福島の建築では福島県教育会館を一度見てみたいです。50~70年代の建築が勢いがあって好きなので気になります。

また遊びにきますね。

■mayuさん

こちらこそありがとうございます。
おばちゃんも独り占めですか、ゆっくり話が聞けてイイですねi-179

私事ですが、レーモンド系の建物が好みです。吉村さんや前川さん。
妹島さんも青木さんも隈さんも好きだけどi-229
あと白井さんも。

福島県教育会館はちょっとだけ記事にしていました。
中の色使いや架構や手摺が印象的で、好みです。

京都会館や東京文化会館の中の色使いに似ているよう思えました。
↓ホントにチョットだけよ。
http://taruken.blog8.fc2.com/blog-entry-20.html

こちらもまた遊びにお伺いしますねぇi-179


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。