RSS
Admin
Archives

たるけんの縁側

『小さな住まいの設計室』はじめました

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
01 09 08 07 06 05 04 03 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 01 11 10 06 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 03 01 12 10 09 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.04
21
CM:12
TB:0
14:20
Category : きれいなもの
♪よ・お・こそ?みはるへ?♪



本当に遠いところ よくお越し下さいました。
お次は雪村庵(せっそんあん)でございます。


(こおりやま 桜めぐり HPより引用です)
室町時代の画僧「雪村」が晩年過ごしたといわれる雪村庵。
聞こえるのは風の音だけという静寂に、庵後ろの竹林の緑と桜色が美しいコントラストを奏でています。
さらに詳しく→雪村庵

あ、やば、三春・三春って言いながら、住所は郡山市ですね・・・
この辺は1本の道を走っていると、郡山市になったり、三春町になったり、また郡山市になってみたり・・・
まるで、リアス式海岸のように入りくんでいるんです。
元々は三春藩だったというが、真相やいかに ←セルフかよっ

















通りから少し、奥まって、森の静寂と花の香りと
鳥のさえずりだけが聞こえてきそうな場所です。
この季節、梅・桃・桜と同時に春が訪れるこの地を、
最後の地に選ぶには、納得がいきます・・・

って、(そこそこ)若いのが言っても説得力がありませんよねぇ
これはやはり、それぞれこの地で感じて頂くのが、一番のようです。

きっと、つづく。

※一部のツバキ画像は、他の地域からの合成でございます、悪しからず
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

おお、こんなに・・・

静寂さを感じる写真です。
でも、あの日は、あんなにたくさん人がいたのに・・・。
それらの存在を全て消してしまった、
まるで魔法つかいマシコちゃん♪

終の棲家(ついのすみか)
という言葉を思わせるところでしたね。

ツバキ画像…なんでだろう♪

こんばんは。
身を乗り出して見いってしまいました。
いい所ですねー!
>聞こえるのは風の音だけ
このフレーズだけでもう…入りこみたくなる世界。
ほんと、静けさが伝わってくるお写真ですね。
さぞやすてきな休日をお過ごしだったのでしょう。

ただ、屋根が…ちょっと。
保護のためでしょうか?
色取りということで。ガッテンだ!^^

●白あずきさん

静寂さを感じるでしょ、あの日の観光客の方には消えてもらいました(嘘)
二日前にタイムスリップですぅぅi-179
よく見ると、見えませんか?
白い姿の・・・・初老の・・・・4人の影が・・・

きゃ~i-282

お昼休み、白衣を着たオバちゃんたちが、
しっかりと陣取り、写ってしまっています。

魔法使えねぇマシコちゃんでっす♪

ついのすみか・・・デスね。
ほうほう
時代の先駆けでもあったんですねi-237

●fuuさん

>なんでだろう♪

あっ、雪村庵のツバキ載せるの忘れちゃったi-229
同じ頃に撮ったツバキ画像も一緒に載せちゃえ~と思っていたのに、
計画倒れ、ドサッ

この静寂さいいでしょ、ちょっと白い影が写ってますけどi-179(上記コメント参照下さい)

ねぇ~板金がね。残念ですよね。
せめて色合いを地味にされると、自然に溶け込んで良かったのに、ですね。

でもfuuさん 建築的な見方をされることに
私は新鮮さを憶えましたWAi-237

作戦変更

静岡でも椿が咲いています。たまたま本日、写してきましたが、
もう少し、葉が多いですね。郡山の椿のほうが、侘び、寂びを
感じます。寂を感じる「桜めぐり」は、さて置き、下から2番目の
桜は、桜湯に使う桜に見えますね。
こちらが「桜湯の桜」です。→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%9C%E6%B9%AF 
実は、椿と桜が被ってしまいましたので、作戦変更を余儀なく
されました。(涙)

●surugakiさん

噂によるとあの花は梅のようです。
あくまでも噂ですが・・・i-235
桜湯(茶)わかります。めでたい時に飲むお茶!
頂いてすっかり・・・

椿と桜は後出しじゃんけんで、
負けて下さい、お願いしまーすi-179

勝手にもらっちゃいました

トップの写真すごいですね。これぞ日本の美というか、見ているだけで日本酒が飲みたくなります。毎日見ていたいのでデスクトップの背景にしちゃいました。

●モデルハウスの赤土さん

なぬーi-179
仰ってくだされば、個別に差し上げたのにぃ、低価格で!
↑売りつけるんかいっi-237

ありがとうございます。
お気に入り画像でしたのよ。
ちょうど、スポットライトのように陽があたり、
背景は薄暗く、花が浮きだったように写りました。

日本酒すすむのはイイですが、PCの前?i-229
その背中には哀愁が漂っています、よろしく!byトシ

三春三花三食

これら一連の記事は例の小説の裏バージョンですよNE
光がゆっくりこぼれ落ちるような感じ。
視点が違うと面白いのう。i-236
でもって最後の椿は姉の椿にちなんだんだよね?
やっぱり血~と思ったのですたi-267

住む。のには・・i-38
花の咲く季節と昼間なら体験してみたいですが、
夜はちと怖すぎると思うのは私だけでしょうか?
菊の菊人形なんて出てきちゃったらi-282
毎晩大勢でドンチャンすれば別ですけどね

●すろうさん

そうです、こちらは例の裏バージョンでっすi-236
同じものを見ても違った写真を撮るものですね。
そこがまたオモシロイi-237

ここは、そして光も時間もゆっくりしています。
のどか という言葉が似合います。
こんなところばっかりですi-241(微妙な嘘)

最後のツバキもSO!
姉あずきさんの真似です。
>そこに目をつけるとはやはり血ですね。(引用)

次の家族会議には是非、ご参加下さいね。
不定期ですがi-87

●surugakobo.Y さん

そうなんですぅ、福島はこんなとこばっかりですぅ(嘘)
夜は怖いでしょうね。
私は(若干)都市部に移り、近隣の人間の方が怖いです。
どんな人なんか、分からん。
生身の方もコワイですi-179

でも、確かに夜は肝試しでしかないかもーi-237
枝垂れ桜の下なんて、超妖艶ですi-282

Yさんも一つ、バーチャル家族に参加されたら、その肝試しツアーにご招待♪

お待ちしておりましこ~i-179

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。