RSS
Admin
Archives

たるけんの縁側

『小さな住まいの設計室』はじめました

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
01 09 08 07 06 05 04 03 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 01 11 10 06 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 03 01 12 10 09 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.04
19
CM:12
TB:0
00:38
Category : きれいなもの
建福寺の桜 樹齢約250年 胸高幹回り 約3.50m




















今年のお花見 第一弾
実家の近所にある建福寺からスタートです。
去年厄払いでお世話になった場所ですよ。

今回は、『滝桜に行ってみたいものよのう』(だいぶ誇張?)と
つぶやいていた白あずき姉さんのスケジュールを伺ったら、丁度空きまして・・・
私も打ち合わせの予定が丁度ありませんでしたので・・・

要は、抜け駆け? 出し抜け?

だってぇ、二人も三人も、そこに一国一城の主爺(あるじい)が加わるなんて、
まとまりつかないモン

えぇ、言い訳です

ということで今回は白あずきさまをご案内させていただきました

桜の真下で何度も何度もポイントを確認し、キャメラを構えている様子の姉さん。
う?む、すごいっ、写真に掛ける情熱をヒシヒシと感じました・・・・

ん?

近付いて見ると、感激のあまりレンズカバーを落とされた そう
探せども探せども見つからない落し物に、
次、またいらっしゃるきっかけが出来ましたね

今回はレンズカバーを諦めて頂き、次のポイントへ向います。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

そーか!

建福寺でしたか!
名前をすっかり忘れておりました。
あとで直しておこう。

レンズカバーがワタシを呼んでいるぅー。
また来週行かなきゃ、ですかね。
でも、今度は雪の滝桜が見たいな~。
渋滞もなさそうだし。
まぁ、冬まで待てないので、レンズカバーは取り寄せですがね。
(どうせ、もう片方もなくしたし・・・)

■白あずきさん

そうですっ!
今、白あずきさんのところから帰ってきましたが、
細かい描写と長文スラスラにびびりまくりですi-237
私って記事書くのに時間かかり過ぎ、を理解しました。
記事を書くより、写真を何回も~何回も~
並べ替えてることに手間取っているのか?
要は私自身のスペックかっ?
というところですねi-229

レンズカバーは拾いにきて下さいねぇ。
待ってますよ~ うひひi-239

ベイリービュティフル!

美しいのう。「釣り落とした魚は大きい」と言うか・・・
まぁ、「置いてきぼりになった桜は美しい」と言うことで
しょうね。これは、姉君にもリユーズして使いますね。

■surugakiさん

>置いてきぼりになった
という活字を見ると大変心苦しいのですが、事実ですよね・・・i-229
釣り落とした魚は、来年も再来年も可能性はあります。
懲りずにいらっしゃって下さい。
渋滞覚悟で!i-179

ちなみに私の言う渋滞とは、赤子のようなものだそうですi-239

なんてキレイなんでしょう!
花もだけど、写真がですよ (^ ^)
特に最後の写真、本当にキレイv-238
素晴らしくキレイv-238v-238

■SO-RAさん

SO-RAさん、ごぶさたですi-237

そう、そう?ありがとうございますi-179
最後の写真はそうなんです、お気に入り。
お寺と花って、なんか合うと思うんですよねぇ。

やわらかく淡い花びらの色と、荘厳な雰囲気。
相互の良さを引き立てますよね。

あぁぁ、分かってもらえて嬉しいわぁi-233

こんな立派な桜があることにも驚きですが、満開でしかも1本だけなんて!なんとも映画のような光景で美しい&うらやましいかぎりです。
さわやかな青空と満開の菜の花も桜の美しさを際立たせてますね。次のポイントも楽しみです!

来年こそは

行きたいですねー、三春の春。
姿のきれいな桜の木、お寺の屋根とよく合っていて、
とてもいい雰囲気♪
白木蓮もすてきです!

でも、えっと、この桜は…、
滝桜ではない、ですよね?
あ、第一弾とありますね。
焦るな? はい、ゆっくり楽しませていただきます。^^

■mayuさん

>こんな立派な桜
ノンノン・ノンノン i-205v-219i-205
これは、東の前頭の36番目でございますよ~。
http://www.yamaguchi-gr.co.jp/sakura07/hana711.htm
(こんなに下位だったなんて・・・そんなっi-230)

なにせ、町中・町外れにゴロンゴロン
枝垂れ桜が転がっております。
去年の記事も併せてごらん頂けると、
mayuさんの旅スイッチが入っちゃうかも~v-19

来年は間に合いますようにi-228

http://taruken.blog8.fc2.com/blog-entry-505.html
(下の方に去年の写真がリンクされています)

■fuuさん

この季節、一度だけでもいいから、来て見て下さい(郷土愛i-233)

そうそう、街中のちょいと枝ぶりが立派な桜を見ていたら、
やはり旅人が、こちらが滝桜ですか?と。

いえ、滝桜は もっともっとすごいですよ
と私(またしても郷土愛)

そんなfuuに裏切れるのはウレシイです♪i-237
無断使用↑i-179

年取ると

人間年取ってくると、同じものを見ても感じ方が変わってきます。私などトップの桜を見て、①まずきれいだと感じるのは皆同じだと思いますが②同時に枝を支える木に目がいってしまいます。
ああ、自分もやがてああやって支えてもらわないといけなくなる・・と己の行く末が頭をよぎり、自分の人生あんなにきれいでなかったなどと反省し・・くだらないこと考える分感動が減って。ストレートな感動が減るのは寂しいですね。

■モデルハウスの赤土さん

まだまだ甘いっ ワシなんて250年やねんi-231
ってサクラから愚痴がこぼれてきそうです。
つっかい棒をするには、まだ205年ぐらい早いでしょi-179

私はあと225年ぐらいかな(ビミョ~な嘘i-235)

大丈夫、何があるか分からない黒山の人だかりに、
切り込み隊長で、シャケの切り身な赤土さんならば、
まだまだ楽しい出会いが待っていますよ~ぉi-179

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。