RSS
Admin
Archives

たるけんの縁側

『小さな住まいの設計室』はじめました

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
01 09 08 07 06 05 04 03 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 01 11 10 06 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 03 01 12 10 09 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.12
01
CM:15
TB:0
20:49
Category : きれいなもの
ずいぶんお待たせいたしました。m
ちょっとまえ(11/23)に訪れた 福島市の文知摺観音(もちずりかんのん)の様子です。
今年最後の紅葉をUPしたはずなのに、懲りずにUP・・・
ここは も一つ、おつきあい下さいませ

もえさかる赤


ちびっこもみじ(自生)


にょっきにょき


くぼち


しずかなもみじ


あしもと


ガクアジサイ


アジサイ


凍えるもみじ


ほしぞら


このもちずりかんのん【文知摺観音】は、
(学んで遊んで体験しよっ)さんのページから引用させて頂きます。

信夫文知摺 しのぶもちずり

 かつて都人に珍重され、一世を風靡したと言われる「文知摺絹」の発祥の地であり、
「文知摺絹」のみだれ模様が心の乱れを表す歌枕「しのぶもちづり」、
「しのぶずり」として広く歌の世界で用いられている文学のふるさとであり、
古今集では、河原左大臣・源融が虎女との悲恋を
「みちのくの 忍もちずり誰ゆえに みだれそめにし われならなくに」と読み、
俳聖松尾芭蕉はこの地を訪れた際に、昔をしのび
「早苗とる 手もとや昔 しのぶずり」の句を残しました。
 境内には、源融と虎女の悲恋物語に登場する「文知摺石」や芭蕉の像・句碑、
ほか沢庵和尚、正岡子規などの句も残されています。


鐘と背景


裏山へ

簡単にするとこのようです。

 源融(ミナモトノトオル)(後の河原左大臣)が、奥州視察の途中に出会った長者の娘虎女を愛しました。
そこに一ヶ月滞在していましたが、源融は都から使いが来て、帰らなければなりません。
二人は再会を約束し、別れます。
虎女は、待ちわびてこの文知摺観音へ来る日も来る日も・・・百日参りをします。
源融も会いに行きたくても許されず、時ばかりが過ぎていきます。

もちずり石

そんなある日、虎女はこのもちずり石に恋人 源融の陰を見ます。
虎女が近付くとその陰は消えてしまいました・・・
失意の虎女はやがて病に臥し、それから亡くなってしまいます。
その頃、都の源融から便りが届きました。

「みちのくの忍ぶもちずり誰ゆえに みだれそめにし我ならなくに」
 便りには百人一首に名高い歌が添えられていました。

百日参り


ほにゃもみじ


鐘をバックに


杉の大木


竹てすり


重要文化財

今の時代ならば、そんな悲恋を生まなかったのでしょうね。
いつでも会えて、いつでも話せる。
ちょっと時代が急ぎすぎでいるような・・・そんな気もします。
源融と虎女の時代の相手を偲ぶ強い思い、心が洗われるようです。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

装飾花

お~ぅ。期待以上に美しいですね。心が洗われるようです。
カメラ+ウデですね。
「そうだ!紫陽花、アップしよう!」この時期の紫陽花は、
装飾花が裏返しになっていますね。

追伸:読み応えのある良い文章です。私なら、これで一週間分
くらいにはなりますね。あ、そうか!今度の予告は、一週間後
という事ですね。きっと。

追伸2:私は、残念ながら、血圧だけは正常値です。
どうした事でしょうねぇ。

追伸3:やはり、これで一週間もたせるつもりですね。
私は、自宅の紅葉をアップしましたので、TBさせて
頂きました。

おお!

真っ赤な紅葉の色鮮やかさに
写真見たとたん悲鳴を上げ、
次の瞬間、タイトルの「文知摺観音」を
とんでもない勘違いして呼んでいた自分に気づき
私も真っ赤になりました・・・・。

あ~なんて読んだかなんて、恥ずかしくていえないいえない・・・。

m.mさん、写真すごく上手になりましたね。
うまくはいえませんが、
何を写したいのかがはっきり伝わってきて
それに情緒が加わった感じ。

m.mさんの心が映し出されているのでしょう。
料理の写真も美味しそう・・・。
すてきな「女性」になってますね。

あ・・・けっしておせじではありません~。
念を押すとかえって怪しまれるかしらん?(笑)

■surugakiさん

更新遅くなりました。
そぉですかぁ、1週間は持ちますかねぇ、にやりi-239
イベント(研修)もあったので、写真もたまってきました、どんどん。
雪が降る前に更新したいと思いますi-229

この時期のアジサイの色が落ち着いた感じも好きです。
寂れたような、と言いますか。
菜の花やコスモスが咲いているなんて夢のようです。

こちらは毎朝起きられないぐらい寒いです。
血圧も上が60ぐらいになってしまいました。←健診にて判明
余計起きられませんi-238
高血圧(予想)を分けていただきたいっすi-282

■kasumiさん

ぶんちずりかんのんですか?i-179
ぜんぜん、恥ずかしくありませんよ。
えっ、もっとすごいの?i-235

もみじ、この一本だけ、見事に赤くて、写真でもインパクトありますね。
その下のちっちゃいモミジが根付いているのにもオドロキました。
いたるところに。

小さくても頑張っているよ、って

>情緒が加わった感じ
i-237
この一年で色んなものが変わったので、
どんどん美しいものが見えなくなってしまうのだろうか、
そういった心を失くしていくのか、と考えてしまいましたが、
情緒が加わる、そうか、そうなれば、悲観することないですね。

ちょっと うれしいなぁぁぁぁぁi-241
いつもありがとうございます。

すごい!どの写真も絵葉書みたいですね。
あじさい・・・いいですね。アジサイって枯れ初めてもいつまでも残っているから、枯れ際が汚くて(しぶといイメージが)あまり好きではなかったのですが、アップで見るとフランスのブーケみたいでかわいいですね。

地域の違いが大きいです

ボケボケ南房総では絶対に見られない景色と色です。住むには厳しい自然があるのだと思いますが、人のところが良く見えていけません。
ちょうど今日房総のお花畑UPしましたので、2度目トラックバックさせていただきました。
比べるとホント違いますよね。

写真の腕あげましたね!

鐘楼から見た周囲の黄葉がいいですね。石段から見上げた建物、クッキリと撮れていていい写真ですね。これは多宝塔ですか?

■シロシロスルガさん

ありがとうございます。
あじさい・・・しぶとい・・・チョット笑っちゃいましたi-179
枯れ際って結構キライじゃなくて、
こう、色素が抜けていく感じ?
一色になっていく姿がたまらな~い。
マニアですねi-239

フランスのブーケにまで昇進できて、
アジサイも一安心しましたi-179

待った甲斐が・・・

ありましたね。
すてきな写真がたくさん。
私もいまごろの咲き残りの紫陽花って
好きですが、
こんなにきれいな色合いはなかなかありません。
「ほしぞら」は、いつも見上げてこんな風に撮りたいと思うのですが、むずかしいんですよねー。
ほんとにお星様みたい。
春の水仙のお星様を思い出しましたv-354
ちっちゃい芽吹きでも、ちゃんと紅葉しているんですねー。
地面から、木の梢まで、目を凝らしているm.mさんに脱帽・・・って、今回褒めすぎ?
1週間分にしちゃだめよ、という思いを込めているのを感じてください。ね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

■モデルハウスの赤土さん

土曜日、北国はちらりと雪が降りました。
昨日もちょっと飛んでいたかな。

そしてホームセンターを覗いたら、
梱包のプチプチと両面テープがセットで、
’断熱、冷気をシャットアウト(仮)’と商品になって売っていました。

シングルガラスアパート住まいの私は、
喉から手が出そうになりましたが、
自宅にあったプチプチで’シャットアウト’しました。

格段に暖かくなった気がしますi-179
こんな北国ですが、おいで~おいで~i-88

■surugaki宮崎さん

ありがとうございます。
 >鐘楼から見た周囲の黄葉
華やかな もみじの屏風がバックにあるように見え、
古びた鐘と対照的できれいでパチリです。
 >石段から見上げた建物
とても急な石段を登って、見上げたら
自分の方に向ってくるようにそそり立っていて、
見せ方が絶妙と思いパチリです。
実物は意外と小さくて、昔の人の粋な計らいのような、
やられた~感がありました。

最後のは仰る通り 多宝塔遺構です。
東北唯一だそうです。
福島県の重要文化財に指定されています。
多宝塔・・・調べて初めて意味を知りましたi-179
勉強になります。

■白あずきさん

お待たせした甲斐がありましたか?
遅くなりました。
 >咲き残りの紫陽花
いい~色してました。あでやかさが抜けた大人の色香みたいな。
そんな大人にわたしはなりたひi-228

もみじの星空もコレだっ!というのを撮っています。
カブりが少ないところを ←をっと生々しい話ですねi-239

水仙の☆まで覚えていらっしゃるとは・・・
ははぁぁ~~~mi-179
UPしがいがあります。ありがとうございます。
ようし、次をUPするぞ~i-86

もみじの星空!うっとり♪v-34
テキスタイルに使いたくなるねぇ。
あちこち探して撮ってるのかな。
こんなにきれいに☆☆撮るのすごいねぇ~
障子の向こうに透けてるみたい☆
秋の渋さの中に、mフィルターを通して見ると
すごく鮮やかで鮮烈だねぇ。v-354

■すろうさん

をっ、すろうさんも白あず姉と同じところで、うっとられましたね。
そうです、選定して撮りましたi-237
すろうさんのフィルターを通したら、
>障子の向こうに透けてるみたい☆
とは、ロマンチックがとまらない♪(しーしーびー)
今日のいちおしおめでとうございま~す。
宝石グミといい、☆といい、

さては、ひかりもの好きですね~
さばー さばー おふらんす(ふぇいんとi-239)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。