RSS
Admin
Archives

たるけんの縁側

『小さな住まいの設計室』はじめました

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
01 09 08 07 06 05 04 03 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 01 11 10 06 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 03 01 12 10 09 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.07
14
CM:12
TB:0
20:11
Category : たびたび たび
そしてお目当て、四万温泉(しまおんせん)の湯
温泉雑誌に ことごとく現れる、ここのお湯



で、名前は?

おっと、今回行くとは思わず、調べておらず、旅館の名前も記憶に無いし・・・
途中、コンビニに立ち寄り、る○ぶ系の温泉特集雑誌を見つけ、
あっ、ありました♪

積善館と言うのですね。
ここの元禄の湯が有名です。見たことありませんか?
もう少し詳しく→立ち寄り温泉みしゅらんさんのページ



【積善館さんのページより抜粋】
群馬県四万温泉、元禄時代の創業で300年の歴史を持つ温泉旅館「積善館」。
県重要文化財の本館をはじめ、山荘、佳松亭の3つの時代の建物から成ります。
源泉は赤い橋の下を流れる新湯川の川底、毎分900Lの豊富な湧出量があり、
お風呂は源泉掛け流し式。自然に囲まれた四万温泉で、古き良き時代に思いを馳せながら、
ゆったりとした時間を過ごしませんか。




↑の扉を入ってすぐ、目の前に拡がる湯船は全部で5つ。
脱衣室の区切りが無いんですね。

平日だったので、80歳を超えるおばぁちゃんと50代ぐらいのおばちゃんと三人きり。
5つあるのに80おばぁちゃん、同じ湯船に入ります。ん?

東京から一人、ツアーバスで来たそう。
お友達もだんだん亡くなっちゃってねぇ、としんみりしつつ

『80を超して、念願の温泉に来れたのよ』

ってなんだか素敵。
ずっと夢を持って、実行する人ってステキ
肌もつやつやしてて、キレイなおばぁちゃんでした。

どこから来たの、どこへ行くの、ここのお湯は何で知ったの?
とたくさん話ました。最後に、

『お元気で・・・』

と掛けてくれた言葉は、心から伝わってくる、やさしいものでした
私は

『またどこかで・・・』


と言い、さようならをしました。
ここに行けば、そんな古き良き時代に出会えるかもしれませんね

おばぁちゃん お元気でね・・・m.m


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

やった~

もしかして1番乗り!\(^o^)/
やっとネットがつながりました。

m.mちゃん、こんな近くまできてたのね~。
それにしても、ずいぶん回ったのね。
かなり走ったでしょう?

積善館にいったんですね。
四万温泉のお湯っていいでしょう?
近くにスキー場とか何もないから、
意外とシーズン中すいていて
前に何度かいきましたよ。
子供がうまれてからはさっぱり・・・だけどね。

あ~それにしても、こんな近くに来ていたのね・・・と思うと、残念!!
今度くるときはぜひ連絡してね。

また、あした

昔、学研から出版させた「日本の民家」という本にこの建物が
載っていました。でも、現物は見たことがありません。(涙)
い~ぃてみたいな♪・・・また、バックミュージックが、
流れてきそうになりましたが、ぐっと、こらえて、
指をくわえています。(またしても涙。)涙なくしては、
語れなくなってきましたので、この続きはまた、あした。

◆kasumiさん

ネット繋がって良かったですねぇ。
私も先日、無線LANの調子が悪くて、ブチブチ切れることにブチッブチッi-191と。
あの時間って、なんてイライラすることでしょう。

積善館
kasumiさんに聞けば分かったのですねぇ。
しかも携帯に番号が、あ・あ・ありました。
連絡出来たじゃないですか、ねぇ・・・i-229

ここの蒸し風呂かなりストイックで、ワクワクしました。
室内空間 幅80cm×長さ110cm×高さ100cmぐらいに感じました。
入口はにじり口のようですし、20cm角の引違い窓、かな~りタイトですね。
体にフィットする座面、しかもタイルであちちちちi-203

面白かったなぁ。
いいところですね、群馬。
また、行きますよ~
連絡しますよ~i-179i-88

◆surugakiさん

学研のぉ~おばちゃん♪
というフレーズが脳裏をかすめました。

その『日本の民家』にここの建物が載っていた事を
記憶している今井さんの脳の方がはるかに
学習したい案件ですi-237

ここのお風呂は一見の価値ありますよ。
ドアを開け盗み撮りする女性客に頭にきつつ、
うらやましいとヨダレを垂らしてしまうそんな建物。
(私はデカイカメラ、隠す・撮るはできません)

また、い~ってみたいな♪(また~パ~ク~リ~♪)i-179

風呂上がりは・・・

温泉の中で、知らない人と、
どこから来たの?とか、
あそこの温泉ももいいよね~なんて話すの楽しいですよね。
ところが、お風呂から上がって、着替えて、化粧済ますと別人・・・てことがよくあって、外で、「じゃ、お先に~」とか、「さっきはどうもー」とか言われても、
「今の誰だっけ?」という時があって困りますわ・・・
逆もまたあると思いますが。
四万温泉、私も80歳までには行ってみたい温泉です。

◆白あずきさん

温泉に入るとなぜ話し易くなるのでしょうね。
普段なら会話をしない世代の方とも、会話が弾みます。
自分自身は話し掛けられにくいタイプだと今日まで思ってましたが、
どうやらそうではないのか~i-229

>化粧済ますと別人
確かに・・・i-230 
さらに、洋服着ると分かりにくくなりますね。

四万温泉ぜひ♪
また入りたい温泉でしたよi-179

>自分自身は話し掛けられにくいタイプだと今日まで思ってましたが

では、道はよく聞かれませんか?
私はどっちかっていうと、コワモテ?なので、「話し掛けられにくいタイプ」だと思ってるんですけど、道はよく聞かれるんです。
ちなみに、道をよく聞かれる人は、
「人がよさそう・・・」
ベタなオチですいません。
ただ、それだけ。

◆白あずきさん

私の顔は怖いのか?と隣に居る人に聞いたらカンパツ入れず、
うなずかれました(*_*)

それでも道を聞かれるし、写真を撮ってと頼まれるし、
宗教の勧誘にはあうし、
ここは土足オッケーか?と、この旅館でも知らない人に聞かれるし、
電気やでどこかのじいばあさんに
どのパソコン買ったら良いかしら?と相談されるし、
ここは高いから他の電気やさんに行きなさい、とアドバイスするし(^o^)
きっと人のよさげなこわもて?なんですね(@_@)

道程

高村光太郎は、道程の中で・・・僕の前に道はな~ぁい
僕の後ろに道は出来る~ぅ
と言っています。
そのままコピーすると問題が生じることもあろうかと、
少しだけ語句を変えてありますが、白あずきさんと
ましこさんのコメントを拝読して、思い出しました。
あれは、道を尋ねられた時の、明快な答えだったのですね。
妙に納得しました。

◆surugakiさん

そうでしたか、道を聞かれたらそう答えるのですね。道しるべを知りたがっていたのですかぁ。
道理でよく聞かれたワケです((((((((^_^;)
参考になりました(^-^)v

うーーん

なんかかなり行きたいなぁ。
ゆったりと温泉に浸かり、
あとはなーんにもしない。
出てきたら旅館の食事をとり
散歩に出て射的でもするていど。
そんな旅をしたいなぁ。

◆ブリズさん

こんばんは
こちらには混浴もあるので、良かったらどうぞ!にやi-239

あちこちツマミ食いせず、ゆっくりと一つの温泉街を散策するのも
もちろんイイですねぇ。

ここは、もう一度でも二度でも行きたい
そんな温泉でしたi-179

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。