RSS
Admin
Archives

たるけんの縁側

『小さな住まいの設計室』はじめました

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
01 09 08 07 06 05 04 03 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 01 11 10 06 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 03 01 12 10 09 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.04
02
CM:6
TB:0
18:29
Category : きれいなもの


先日の納豆の国への散策は、同時に梅の国への散策でした。
やっと足を踏み入れた 水戸の偕楽園 
金沢の兼六園、岡山の後楽園と並び日本三名園の一つ。
私の三名園制覇は残す所 後楽園のみ
これってハードルが低いのでしょうか

この偕楽園は江戸時代(1842年) 水戸藩藩主 徳川斉昭公によって造られました。
約13ヘクタール(東京ドーム2.8個分)の園内に100種類 3,000本の梅の木が、
南側の梅林に1,000本の梅が植えられています。
春の梅まつりは最も有名ですが、ツツジ・アジサイ・ハギ・他
季節ごとの花も楽しめるところです。

元々、徳川斉昭公が飢饉や軍用の非常食とするため、
梅の木を植えたとされ、偕楽園という名称においても
『これ余(斉昭)が衆と楽を同じくするの意なり?(偕楽=偕(とも)に楽しむ』
と碑にあります。何だかホッとしますね。

美しい話の後は
美しい偕楽園の梅をとくとご覧下さい。m.m














スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

品格ある写真

私は、兼六園と後楽園は、何回か行きましたが、偕楽園は、
一度も伺ったことがありません。かなり高いハードルです。
風格ある白梅ですね。それに、随所に歴史が感じられる
品格ある写真です。日本に足りないのは、品格だそうです。
この写真を見て、品格のカケラくらい身に付けよう。

surugakiさん

厳格なる言葉、ですね。
日本に足りないのは品格・・・
どこかに置き忘れてしまったものなのでしょうか。

心の中から変えなければならない問題ですね。

水戸

水戸ってまだ行った事ないんです。
東京より北側って両手で足りるくらいしか
足を運んでません。
どうしても伊豆以西になってしまいます。
一度ゆっくり北日本をまわってみたいと
思いますが、なかなか・・
なのでなんか、新鮮です。
やはり歴史的な里だから、京都に
雰囲気がにているのでしょうか・・

ブリズさん

そんな私も、初めての水戸でした。
隣の県なのに、行ったことなかったのです。
近いようで遠い場所。
まだまだ行きたい所、盛りだくさん。
西日本に行くまでに、時間がかかりそうですi-179

春の水戸

昨年の梅の季節、所用で初めて水戸へ行きましたが
時間がなくて偕楽園には行けませんでした。
この写真たちを見ると、それがすごく悔やまれます!
でもこの時期、道がものすごく渋滞してるんですよね~ (^ ^;)

SO-RAさん

私は満開から一週間遅れの平日に行ったので、
全然混んでませんでした。
ただ、風が冷たいです、すごく。
防寒対策したつもりでも、寒い。

きっとまた所用ができるハズ。
行けるといいですね。
タヒチ・ブルーでi-179

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。