RSS
Admin
Archives

たるけんの縁側

『小さな住まいの設計室』はじめました

カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
01 09 08 07 06 05 04 03 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 01 11 10 06 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 03 01 12 10 09 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.02
16
CM:8
TB:0
18:54
Category : たびたび たび


先日の続きです。
かつて水府村、現 常陸太田市の竜神大吊橋にも行って参りました。
だいたい、袋田の滝とセットでご覧になられる方も多いですね。
私も例外ではありません おほほ

竜をかたどったフレームなんだろうなぁ、と思いつつ撮影。
竜神なので・・・
さらに吊橋は吊橋でも  がつきます。
支点間の距離は375m
歩行者専用としては日本一の長さを誇ります。

・・・日本一とか、日本三大とか、みんな好きですよね。
私もキライじゃありませんケド むほほ

以前も渡ったので、今回は入り口まで。
やたら遠いですよ、実質の距離はもっと長いですから。



オモシロイことにライブカメラまであるんですねぇ。
夜見たら真っ暗だけど・・・それがまたオモシロイ
こちら

びろ?ん



私的には
その途中で見つけたこちらも興味シンシン


し・し・芝棟だぁ
本物は初めてお目に掛かりました。
屋根のてっぺんにね、草や花を植えています。
伝統を再生していますね。

こんな建造物もお初


鉱石(鉱産物?)を採っている場所だと聞きました。
貨物列車が一両ずつ、横並びのような・・・
傾斜地なので、ななめ並び
普段の生活の中には現れない珍しいかたち。
たまらなーい
実用性を重視しつつ、なかなか見応えあるぅ。

吊橋を見に行ったら、もとい
吊橋を見に行ったら、
絶対探してみて下さい(強制?) mm
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

よく似ています

黒海とエーゲ海をつなぐボスポラス海峡の風景とよく似ています。
以前にもTBさせていただきましたが、またしても、
TBしてしまいました。少し、イスタンブールの吊橋の方が
大きいですが・・・。常陸太田市と姉妹都市になれるようブログで
働きかけをしようと思います。

面白ーい

どの写真の風景も
とってもいいですねぇ。
つり橋なんて、サスペンスドラマの
ロケとかに使われそうですね。
行ってみたいなぁ。

surugakiさん

似てます?i-179
大陸と大陸を結ぶスケールとは雲泥の差ですよぉ。
姉妹都市に名乗りを上げても、
鼻先で笑われてしまいそう・・・

で・で・でも信じるものは・・・
働きかけ頑張りましょう!
まずは今井さんから、お願いしますぅ。

ブリズさん

サスペンスドラマのロケに使われるとしたら・・・
吊橋から落とされるシーン・・・100mの高低差につき、見つかりにくそう。
犯人が逃走するシーン・・・途中で息が切れ、はい捕まっちゃった。

な~んてことしか想像できない私は脚本家には
なれませんねぇ おほほi-179

頭の上に?!

じゃなくて屋根のてっぺんに何か生えてる?!
あ、4枚目の写真なんですけど。
おちゃめー!!v-238
これって伝統の再生なんですか?

SO-RAさん

私の隠し撮り画像では不明瞭なので、
こちらをご覧下さい。
西方里見さんのページ
http://www.shirakami.or.jp/~nisi93/n2002/kyukei/sibamune_j8.pdf

かつて安藤広重の東海道五十三次にも
芝棟が描かれているほど
歴史は古く(もっと古いのかな?)
全国に数多くあったのが、萱葺き屋根の消失と共に
芝棟も減ってしまったのです。

この効果は大気の浄化、冬の暖房費、夏の冷房費にひと役かってます。
というのも草木を生育させるために必要な
土壌があることにより、
建物の断熱材になってます。
気温が寒くても、土の中は暖かいと言いますか、
熱が伝わり難いんですね。

よくビルの屋上などでも 緑地を設けヒートアイランド現象の減少(シャレ?)も行ってます。
共通する行為だと思います。

正しい説明ができるほど理解はしていなかったので、調べましたが、
間違った解釈をしていたら、誰か助けて下さ~い!

芝棟について、でしたi-179

ふ~~~ん!!!

なるほど、そうなんですね~~!
萱葺き屋根は実はとても理にかなった断熱材である、と
以前、建築士の方に説明してもらった事がありますが
つまり、それと同じ理由なのですね。
リンクHPの写真達も、たいそう可愛らしい・・・v-238
どうも見た目に惹かれてしまいます♪

SO-RAさん

お花なんて 粋だなぁ
そういう美的なものを競って作り上げる姿勢って素敵ですよね。
ヨーロッパで言うウィンドウボックスみたいな。
大事ですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。