RSS
Admin
Archives

たるけんの縁側

『小さな住まいの設計室』はじめました

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
01 09 08 07 06 05 04 03 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 01 11 10 06 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 03 01 12 10 09 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.09
28
CM:9
TB:0
18:10
Category : たびたび たび
お待たせしました再開しまっす。

注)平成17年4月1日から十日町市、川西町、松代町、松之山町と合併し、
新生「十日町市」が誕生

今回の西遊記の目的の建物は松代町近辺に多く、まずは手前の十日町市に寄りました。

名称:越後妻有交流館・キナーレ
設計:原広司+アトリエ・ファイ建築研究所
用途:十日町ステージ
    温泉施設ときものの産地ならではの歴史館や体験工房があります。



京都駅も設計された方ですね。
内部

周囲に建物が林立しているので、内部に開放したそうです。
中東の市場から着想を得た、とも。

一人のおじさんが、ずっと水を眺めてました。
私が建物を一周する間、ず?っと。
水は心を和ませますね。
これが有名建築家の建物とは知らずとも、心地良いと感じるのはイイですね。
外部

外観の頂部はガラス張りで、空が映っているのがとても綺麗でした。
周囲に溶け込み、コンクリートの重たさを軽減しているよう感じました。
○です。


続きまして、松代町。
今回の目的の一つである建物へ

名称:まつだい雪国農耕文化村センター
設計:MVRDV(オランダ) 
用途:松代ステージ
    松代農舞台の中心である建物
    食、買い物、イベント、体験および学習というプログラムによって
    雪国農耕文化を堪能できるようになってます。


小型車用アプローチから近付くと、こんなカラフルな化粧が、
歩っていくと突然声がするよ

よく見ると、名前が。
たけや?さおだけ?

この新しい施設に松代の方々が愛着を持てるように、アーチストが計画したものです。
松代全世帯の屋号が書いてあります。素敵な計らいですね。

そうして、こちらババン
宇宙船みたい

この建物は日本の歩道橋をイメージしたとか。
オランダ人が見ると、こう見えるのか?。

オレンジのブラインドの裏はこちら、
入り口もブースに見えるオモシロ仕掛け。遊び心が可愛らしい。
どれが入り口か、分かりますか?

内部には、壁・床・机すべてが黒板のように書ける’教室’があります。
ぜーんぶ、だって

どんどん書いて下さいと言うので、よろこんで。
ご案内します

他も色合いは奇抜です。
目がチカチカ

レストランは、落ち着いた雰囲気で。
窓の外にもアーチストの作品が

受付の方とゆっくりお話することができました。
こちらの建物たちは 越後妻有トリエンナーレの一部だったこと。
うっすら、ホントにうっすらしか耳にしたことが無かったので、
私はよく分からずに迷い込んでいたのです。

このトリエンナーレは新潟県が広域の地域振興プログラム
【越後妻有アートネックレス整備事業】の一環で、3年に一度行われるお祭り
過去に2000年、2003年と開催し、次回は2006年、来年です。

この地域は豪雪地(積雪が4mと言ってました)であり、高速交通体系から外れ、
過疎化と高齢化が進み、産業の衰退があります。
リゾート施設などの誘致ではない形で、新たな地域づくりを出発させたい
という構想で始まったそうです。

6市町村が協働で行うプロジェクト
私はすっかり会話の虜になり、この町を中心に西遊記を続けるよう計画を変更しました。

つづく。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

まってました

再開を待っていた甲斐がありました。
すごいですね。正直、想像以上のびっくりです。

つづきも楽しみ!

イイ、バランスです

私は、「mmのうちの写真」がイイと思います。
特にバランスがいいです。待ってた甲斐があります。

toshimiyaさん

いえいえ、まだ序の口、序二段ですよぉ。
まだあるネタを小出しにしていきます。
続きをお楽しみに。

surugakiさん

もし、押し掛けるご予定がございましたら、「m.mのうち」を頼りにいらして下さいi-179

いまのところ10/22がたまごです。

あ、あと今回の写真はスナップ写真なんで・・・力抜けてるかも知れませんね。

お久しぶりです

お久です(笑

MVRDVはどうでした?
周りから浮いてなかったでしょうか?
案外良かったのかな?

オランダ系の建築はけっこう好きなのですが、実物だとどう感じるか興味あり。です。

03rどん

おひさです~

M・・・・は中がやはり良かったですね。
外部は雨染みが目立つ、これはあらゆる建築家の建物と同じです。
中に入っては見るもの見るものワクワクしました、童心に帰るような・・・。
本気で遊ぶオヤジ達と感じ、好きですね。

来年にでもどうぞ、って距離じゃないけど、ぜひi-179

>本気で遊ぶオヤジ達

なるへそー。
よーくわかりました。
キョロロもみたいなす。

03rさん ごめん ごめん

MVRDVは建物だけで、各スペースはアーチストの作品でした。
ん?もしやと思ったら・・・。間違えてました。
建物の感想にはなってなかったですね。

1階部分がピロティになっていて、4~5本足がついてますから、
視界が切り取られるんですね。
ちょうど稲刈りをしている姿が一枚の絵の様でした。
薄暗い建物に入り、窓の傍に行くと
外の緑が鮮やかに感じるのは、計算なんでしょうね。
良かったですよ。

キョロロはサビサビが私は気に入りました。
大地にしっくりきているんです。
時が経ち、白い建物が汚れたように見えることより、
経年が良さを生んでいるように思えました。

感想文でした。

ありがとです。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。