FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

たるけんの縁側

『小さな住まいの設計室』はじめました

カレンダー(月別)
11 ≪│2019/12│≫ 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
01 09 08 07 06 05 04 03 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 01 11 10 06 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 03 01 12 10 09 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2005.08
16
CM:6
TB:0
00:00
今日はフィレンツェからローマへ移動です。
またもやES☆(ユーロスター☆)日本で言う新幹線みたいなものですね。

このES☆のチケットは安いネットサイトで購入しました。
日本人が個人で代理店をしているサイトです。
出掛ける前のバタバタの中、私以外お酒が入っているという過酷な状況の中の申込み
あぁ案の定・・・・・・
返信の言語羅列メールのチェック機関もやはり私、という一重チェック。
さぁ何かあるよ・・・・・・

出掛ける寸前に届いたチケットにはこんな表記が
(例えて書きますね)

乗車券  フィレンツェ→ローマ
特急券  フィレンツェ→ミラノ

・・・・・・・

さらに分かりやすく例えると

乗車券  福島→東京
特急券  福島→青森

・・・・・・・

ドチラニムカエバヨイデショカ?

さらに、追い討ちは

払戻金0円・・・0円・・・0円

すっ、すっ、すみません?ん。やっぱりやらかしました、私。
大チョンボです。OKしちゃったものですから?。

みなさん、おっちょこちょいには気をつけて。

しっかり者の車掌さんは気付いて、銀行まで同行願い、お支払いしました。
その節は皆さま、大変ご迷惑お掛け致しました

あばよ、ユーロスター☆



気を取り直して、まず最初にヴァチカン市国の
Musei Vaticani(ヴァチカン美術館)へ
こちらは世界最大級の文化財を誇る美術館らしいです。
ミケランジェロの大作『最後の審判』があります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%80%E5%BE%8C%E3%81%AE%E5%AF%A9%E5%88%A4

こちらを借りて、日本語の解説を聞きます。
作品ごとの番号を押し、携帯の様に耳にあてます。


ウフィツィ美術館でガイドを借りるにはパスポートのコピーが必要でしたが、
こちらはコピーはダメで、クレジットカードを預けました。

芸術品がワンサカです。こちらはclick!でどうぞ。


  


『最後の審判』があるシスティーナ礼拝堂が美術館最大の見所とされています。
そこに辿り着くまで、まるで迷路のように同じところを通りながら、
そうそうたる美術品を目にします。
実は『最後の審判』と画像がイコールで結びついてなかったので、
これかな、これかなと前フリが沢山ありました。
ところがどうでしょう、本物は格が違いました。
礼拝堂に入った瞬間の、緊張感。ザワッ

ものすごい数の人々が集まっているのにシーンとしているのです。
ミケランジェロの大作をボッティチェッリが脇のパートを手伝ったという
豪華すぎる内容・・・・・・

ピーという笛の音と共に現実に引き戻され、
16:45分の閉館時間を告げます。そして一斉に外へ追い出されます。
ゆっくり見たい方は時間に余裕を持って行くべし!です。
こちらは入場までの行列が長かったですよ。
友人とケンカをしないよう、お腹いっぱいにしていくとイイでしょう

つづく
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント

電車

 イタリアの電車って融通効きませんね。
 僕もローマ⇒ナポリの電車に乗るときに予約していた電車に乗ったつもりが、発車が遅れた一つ早い電車に乗ったらしくて、罰金取られた。
 (イタリアでは予約していないと罰金を取られる。はず)

 発車が遅れたのは僕のせいじゃないのに、これには切れましたね。

 ヴァチカン美術館は雨の中延々と一人で並んでいた記憶があります。
 入館したときには疲れ果ててあまりいい記憶がありません・・・

 
 

どこから来るの

建築のことは詳しくないのでよく解んないですけど、天井を埋め尽くす絵を実際に建物の中で見たらすごそー。
時々思いますが西洋のこうしたエネルギッシュな感じ日本と随分ちがうなーっておもいます。こう言うエネルギーってどこからくるんでしょうね?

そうそうそうそうそう

そうだったかーっ、やっぱり。
罰金が加算されているような気がしたのですよねぇ、実は。
あまり生々しい話しなので、伏せてましたが。
ネットで買った金額よりも一人頭¥2,000ほど高いので、おかしいとは感じてました。

それか、車掌さんにボラれたのかな?って
疑いもありました。
その後のチェック機関はないですからねぇ。

英語でずいぶん抵抗したんですよ、それでも。
ネットの管理人が間違えた(後から私と気付いた)とか、
ミラノ分まで払っているんだから、交換してくれ、とか。

ずぇんずぇん通用しませんでした。涙

列車を降りたら、連行されるような姿は
知り合いに会わなくて良かった~という感じですかねぇi-179

どこなんでしょうねぇ

エネルギーの出身地はどこなんでしょうかねぇ。
壁画は漆喰を塗り、下絵を描き、
更にうすく漆喰を塗り、乾ききらないうちに絵を仕上げるとガイドにありましたが
壁画はいいけど、天井画は首イタイよね、としきりに感心してしまいました。
私、観点がズレているかも。

でもまぁ遺産で食べていける国だとは
つくづく感じました。

>ネットで買った金額よりも一人頭¥2,000ほど高い

たしか、そんくらいでしたよ。

おかげで僕は晩飯抜きでした。

0.003t

私はイタリアでずいぶん肥えてしまったので、
全体的に控えておりますぅ。