FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

たるけんの縁側

『小さな住まいの設計室』はじめました

カレンダー(月別)
11 ≪│2019/12│≫ 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
01 09 08 07 06 05 04 03 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 01 11 10 06 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 03 01 12 10 09 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2005.07
04
CM:0
TB:0
12:14
Category : おもうこと
中村さんの住宅読本の一節に『ボートの三人男』の文章が載っていました。
前に「住む。」でも読んだことがり、
短期間に2度も出逢うとは、何かあるのかな。

簡素な住まいとそこでの暮らしを小舟に積み込む荷物にたとえた内容です。
私は住宅に限らず、人生論も語っているのだと感じました。m.m



「がらくらは投げ捨ててしまえ。ただ必要な物だけを積み込んで

???生活の舟を軽やかにしたまえ。簡素な家庭、素朴な楽しみ、

一人か二人の心の友、愛する者と愛してくれる者、一匹の猫、

一匹の犬、一本か二本の愛用のパイプ、必要なだけの衣料と食料、

それに必要より少し多目の酒があればそれでよいのだ」




スポンサーサイト



Comment

非公開コメント