FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

たるけんの縁側

『小さな住まいの設計室』はじめました

カレンダー(月別)
01 ≪│2020/02│≫ 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
01 09 08 07 06 05 04 03 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 01 11 10 06 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 03 01 12 10 09 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2005.07
02
CM:4
TB:0
10:08
Category : たべもの
昨日、最近お気に入りの上海料理店にまた行ってしまいました。
月曜日にも行ったのに・。

3人で
・冷やして辛い筍(メンマ)
・麻姿豆腐
・海老と筍のラーメン
・プレーン炒飯
・春雨のスープ
・白玉ごま団子
食べすぎです・・・

上海出身の女性店主が作ってくれます。
高級食材は使ってないようで、家庭的な味が好きです。
ちょっとご飯がすすむ塩っぱさですが。

4号線とうねめ通りの交差点たもとにあります。
【小上海】オススメです。是非!

前から気になっていたのですが、その店に飾ってあるコレ
DSC04279-20.jpg


覆面レスラーが勢揃い、かと思いきや
京劇の隈取りだそうです。
(色に意味があって、赤は忠実を表す、などなど)

1970年代「そういえば?、くまどり姉妹って居ましたよね」
1950年代「それは、こまどり姉妹だろっ」

そんなオチ。m.m
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント

仕事の合い間に、少しお邪魔しました。息抜きに・・・。
以前、上海には、鳥が、飛んでいないとブログに
書いたら、それは、皆、食べられてしまったのだ!
とコメントに書かれていました。私は、上海の
環境問題を訴えたかったのに・・・でも、よくよく
裏通りを見ると、鳥を採って、売っていました。
妙に納得してしまった自分を反省しましたが、
中国では、猿も食べられていたのです。この面を
見ていると、歌舞伎を思い出しますね。見る角度に
よって、怒ったり、笑ったり見えるのかなぁ。

鳥無上海

上海には鳥がいない、そんな噂私もさっき知人から仕入れました。
鳥を捕まえて、籠に入れた商売人が、非商売人からお金を貰って
目の前で放す興行?が行われているそう。
管理者のいる動物にエサを買って与えるようなものですかね。

京劇はかつて面をかぶって行われていましたが、喜怒哀楽が伝わらないので、このような
隈取りを施されるようになったのだそうです。歌舞伎の隈取りのルーツは京劇との説もあります。
京劇の顔の表情が’静’の化粧法に対し、
歌舞伎は’動’を表した化粧法です。

って書いてありました。ふむふむ。

念入りな、ご報告に感服いたしました.そういえば、先日、
テレビで、昔、中村勘九郎一座の誰かが、初めてこの化粧を
したと言っていたような気がしますが、この、「くまどり姉妹」
を先に見ていれば、メモっておいたのに・・・と後悔しきり。

例によって、参考書にした一部のURLを入れておきます。簡単に歌舞伎のことが書いてあり、助かりました。

じゃあ次は「こまどり姉妹」ネタをバトンタッチ!駿河木の家日記に載せて下さい。楽しみにしてま~す。