RSS
Admin
Archives

たるけんの縁側

『小さな住まいの設計室』はじめました

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
01 09 08 07 06 05 04 03 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 01 11 10 06 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 03 01 12 10 09 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.06
26
CM:4
TB:0
18:22
Category : たてもの
タイトル by みかんぐみ風

DSC04160-200.jpg

東京の歴史のある名建築と気持ちのよい現代建築を取り上げたという本です。
装丁に惹かれ借りてみました。
行ったことのある懐かしい建物でも、視点が違うとこんなにも違って見える面白さ、
岡本太郎の家が親交のあった坂倉準三氏設計だったこと
方向の違っていた点と点が繋がる面白さ
次のシリーズも期待したい、そんな本でした。

私は本読みが実は苦手
小説なんかは同じ行を何度も読んでしまいますし、
本を読むとすぐ眠たくなるので、夜読んでも一向に進みません。
土日ゆっくり休めそうなので、キャパオーバーなぐらい借りてみました。
5冊借りてまだ1.5冊
遠い道のりだなぁ? m.m
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

怒涛の更新ですね。コメントスピードが上がっていいです。と言いつつ、焦っています。私も、最近は読書をしなくなりました。それは、老眼が進行したためです。ただ、山岡荘一の徳川家康を読むと、忍耐がついて、たいがいの本は、苦も無く読めます。それでも駄目な場合は、司馬遼太郎の坂の上の雲をお勧めします。

上級者コース

スキー場で言えば上級者コースのような本のタイトルですね。迂回しようか迷います。前に進めるだろか?

更新まだまだしますよ~ あと3つ下書きが待機しています。公開ボタンを押すだけです。うひひ

山本荘八を荘一と打ってしまった。訂正いたします。そういえば、三国志も、読むのに根性が要ります。私は、人名が覚えられなくて、途中リタイアでしたが・・・。

間違いに

気が付かないほど、un読書家です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。