FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

たるけんの縁側

『小さな住まいの設計室』はじめました

カレンダー(月別)
08 ≪│2007/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
01 09 08 07 06 05 04 03 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 01 11 10 06 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 03 01 12 10 09 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2007.09
09
CM:12
TB:0
19:21
Category : たびたび たび
小樽はおたるワイン好きもあって、親近感のある街。
しかし、あちこち欲張りはダメですね。
ゆっくりと散策することが出来ず、すぐに日が暮れてしまいました。



↑昨日のテレビ朝日のドラマ 『天国と地獄』に出ましたね。

『港町、小樽は明治以後、大陸との貿易拠点として繁栄をきわめ、
北海道開拓も本格化し、人や物資の流れが急増しました。
そこで、海を埋め立て、平地を広げ、その一部が運河となり残った珍しい
ケースの運河となりました。
しかし、昭和も半ばになってその活況も終焉を迎え、交通を整備しようとする計画と、
運河を貴重な歴史遺産として保存しようとする市民運動の論争が続き、
結果的には一部の運河を埋め立て、残りを整備するという妥協案で落ち着きました。』
(にっぽんの旅 昭文社)より抜粋。


大手の銀行や、有名な建築家も進出し、歴史的建造物が多くある街です。
と、帰ってきてから知ったのですが・・・
私は主にメルヘン通りと呼ばれる、北一硝子がある通りを歩きました。
どんどん日が暮れていく様子もお楽しみ下さい。

大正硝子館 品揃え、質の高さがピカイチだと思いました。
友人へのお土産もここで。


::more
スポンサーサイト



2007.09
09
CM:8
TB:0
14:43
Category : たびたび たび
散々待たせた挙句 尻切れトンボ? m
五郎さんの石の家です。
富良野岳の過去の火山活動でたくさんの石が出たそう、
それを積み上げてできた、石の家。



ひいてみる。
風車と建物。向かって左側が風呂で、居間、台所となっています。
ナナメの柵が、素朴でイイ。



更に、ひいてみる。周辺説明図です。大っきくなるよ。



でも、よく見えなかったかも・・・

::more