FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

たるけんの縁側

『小さな住まいの設計室』はじめました

カレンダー(月別)
11 ≪│2006/12│≫ 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
01 09 08 07 06 05 04 03 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 01 11 10 06 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 03 01 12 10 09 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2006.12
19
CM:10
TB:1
01:33
Category : おもうこと
自分の身体により近い足下にこそ いろんなものを積み上げていくことが大切なんだと思います。


ARK入り口

(SOTOKOTO環境移動教室28より STARNETのオーナー馬場浩史さんの言葉)


先月、栃木県の陶芸の町 益子で’STARNET’というお店を訪れました。
先日の材木店と同じ日で、社内研修の一環です。

とても人気があるお店で、有機農法を実践し、
あらゆる地物で食事を出してくれるところ、という予備知識を持って伺いました。

お昼時、やはり混雑していて、
そんな状況でもちっとも飽きさせないエントランス周りをパチリ。

ARKエントランス 営業中

このARKの中はギャラリー、キッチン、オーガニックマーケットで構成され、
そのキッチンでおぼろ豆腐丼(名前は?)をいただきました。

撮影が出来ないものですから、私のおぼろげな記憶を頼りにしますと、
木の大きな椀で、赤米ごはんをベースにおぼろ豆腐が載っていて、
まわりにはきざみ海苔がちらしてあります。
表面はカリカリ、中はやんわりのおぼろ豆腐の食感がなんとも言えず、美味!
赤米のコシと野菜の新鮮さ、すべてが しゃんとした味です。
生産者が近いというのも頷けます。

まいう?

食事の後は、丘の上(正式には山の上が正しいかも)のZONE
ギャラリーと住居を併設しており、古民家を解体し、
自分達で3年がかりで作ったという建物は圧巻です。

絵の展示

煤けた大きな梁


見上げれば

強さと繊細さを併せ持つ架構に、ほれぼれしていたら、オーナーの馬場さんがいらして、
「梁に興味があるのかい?こっちにおいで」と奥に案内して下さいました。
そこから見上げたら

ジェームズ・タレルのような

とてつもなく神秘的な光が射し込んでいました。

お話しを伺う機会にも恵まれ、
再生可能なものを後世に残して行くことの大切さを話す馬場さんの目は
とても澄んでいて鋭くて、
昔の服をほどいて、縫い直したというセーターを格好良く着こなして、
生き方そのものがストイックな雰囲気を漂わす、素敵な方でした。

衣・食・住において、取り組まれている姿勢に、
自分達でも、いかに素材をそのまま、そして再生できるように使えるか
そのものの良さを正直に伝えられるか、
これからの自分の行き先を照らしてくれた’あかり’のようなお話でした。

もう一度 ’STARNET’さん ご紹介いたします。

(SOTOKOTO環境移動教室28より STARNETのオーナー馬場浩史さんの言葉)

「自分の身体により近い足下にこそいろんなものを積み上げていくことが大切なんだと思います。
今の社会は全員がよそのものでよそのことをやっているという感じがするんです。
私の理想は、人間が一日で歩ける半径40キロくらいの範囲で野菜や水など
必要なものが手に入り、その地域の中で暮らしが循環できることですね。
足下の衣食住のような小さな紡ぎあげこそが文化だと思うんです、
足下から生活をつくり上げる力がとても重要なんだと思います」
 
外観

スポンサーサイト