FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

たるけんの縁側

『小さな住まいの設計室』はじめました

カレンダー(月別)
08 ≪│2006/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
01 09 08 07 06 05 04 03 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 01 11 10 06 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 03 01 12 10 09 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2006.09
11
CM:18
TB:0
19:52
Category : たてもの


見上げるとそこには・・・
(大地の芸術祭?越後妻有アートトリエンナーレ?より引用します)
■名前
ドミニク・ペロー
(フランス)
Dominique Perrault

■作品
バタフライパビリオン
Pavillon / Papillon
(作品番号:2)
前夜祭では能舞台として能・狂言の公演が行われる。
会期中は食事や休憩所として使える東屋。屋根は蝶のはねのように夏開き、
冬閉じる万華鏡のように輝くメタルは外の風景を演者とともに映し込む。




ここに映っているのは私ではありません。もちろん、寝そべっている方も違います

バレエダンサーの方ですかね、この暑い中、
数々のカメラマンのリクエストに笑顔で答えている姿は、
並々ならぬ気迫と根性です

白いドレスで踊っている姿が何とも絵になるので、
自分も白い洋服が着たいとさえ、思えてしまう美しさ

頭上の鏡に映ったら、幻想度もますますUP。
今回、ほぼ最初に見た作品 いい期待感です。

続いて、20mも離れてないところにこちら


その入口からはどこへ・・・
(大地の芸術祭?越後妻有アートトリエンナーレ?より引用します)
■名前
伊藤嘉朗
(日本)
Yoshiaki Ito

■作品
小さな家
-聞き忘れのないように-
A Small House-Don't forget to listen to-
(作品番号:3)
対岸にある一本の木を眺めるための場所。
作家はこの木を気に入り、訪れる人々にその存在に気付かせるための地下室をつくった。




なんとまぁ、小さなスペース。頭をかがめないと、奥のベンチに座れません。人一人分の入口。
スケール感を出すための手が、まったく意味をなさないことに気がついたのは、帰ってからでした・・・
一本の木もどこだ???だし・・・
ガイドブックがないとツライ。

::more
スポンサーサイト