FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

たるけんの縁側

『小さな住まいの設計室』はじめました

カレンダー(月別)
08 ≪│2006/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
01 09 08 07 06 05 04 03 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 01 11 10 06 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 03 01 12 10 09 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2006.09
07
CM:23
TB:0
19:18
Category : たてもの

(壁が切取られ、裏に光ファイバーが取り付けられています)

先日『越後妻有アートトリエンナーレ』をサクッと見てきました。
ホントにサクッとだけ・・・
去年、新潟の建物探訪をしていた時に、このアートの存在を知りました。

この『越後妻有アートトリエンナーレ』とは・・・
新潟県が行う広域の地域振興プログラム
【越後妻有アートネックレス整備事業】の一環で、3年に一度行われるお祭りです。
過去に2000年、2003年と開催し、2006年の会期中 です。
この地域は豪雪地(積雪が4mほど)であり、高速交通体系から外れ、
過疎化と高齢化が進み、産業の衰退があります。
リゾート施設などの誘致ではない形で、新たな地域づくりを出発させたい
という構想で始まりました。(過去のm.m記事より抜粋&修正)
その中で時間の都合により、昨年見ることが出来なかったこちら

『光の館』(House of Light)
作家/ジェームズ・タレル(アメリカ)
作品番号/111
場所/川西町ナカゴグリーンパークそば
入館料/500円
宿泊/可


(光の館 公式ページ ジョームズ・タレル氏のコンセプトから引用させて頂きました)
【初めて北川フラム氏に会った時、越後妻有地域のために「瞑想の館」をつくってほしいと依頼された。
その時、彼に手渡されたのが、谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』だった。

彼から示された条件は、豪雪地であるため、床を2.7メートルほど上げてほしいということだった。
『陰翳礼讃』を読み、私はこの地域の伝統様式に則った家屋をつくろうと思った。
谷崎が言う「われわれが既に失いつつある陰翳の世界」。
それを私は、外の光と室内の光を関係づけ、光の中で生活できる空間として実現したいと思った。】





では中へ入ってみましょう。


::more
スポンサーサイト