FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

たるけんの縁側

『小さな住まいの設計室』はじめました

カレンダー(月別)
01 ≪│2006/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
01 09 08 07 06 05 04 03 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 01 11 10 06 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 03 01 12 10 09 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2006.02
14
CM:8
TB:0
14:01
Category : たてもの
DSC_40030010-40.jpg

名称:常陸太田市総合福祉会館
用途:総合福祉施設
設計:石井和紘氏(石井和紘建築研究所)
竣工:2001年

先日、茨城県常陸太田(ひたちおおた)市の福祉施設にお邪魔しました。
こちらの一番の特徴は、上空から見ると

CO2

という建物形状になっているということでしょうか。
残念ながら、自家用ヘリでは無く、自家用車での視察でしたので、
航空写真は撮ることが出来ませんでした

こちらのCO2は木材を構造に多用することで環境を考慮し、
『平成14年度地球温暖化防止活動大臣表彰』を頂いてます。
(木には二酸化炭素を吸収する力がありますね。
それにより二酸化炭素を削減するという理由のようです)



すごい数ですねぇ・・・



それぞれ名称と採取地のプレートがついている大木が
屋根の膜を支えています。
表から見た突起物は、ココなんですね。

石井和紘氏は宮城県の慶長使節船ミュージアムも設計されていますが、
こちらもやはり構造に木材を多用しているところや
航空写真向きの建物は共通しています。

良く言えば、ダイナミック
あまり良くなく言えば、ゼイタック ?
な印象は否めません。

福祉施設という割りに、借りてみたお便所が狭く、
バリアフリーや手摺以外、特別変わった様子も無く・・・
職員専用では無かったようなのですが。
気になっちゃいました。

何てことをつらつら書きましたが、
視覚的には見応えがあって面白い建物です。
光の入り方も楽しいし、他にもこんな感じです。

こっちは O(オー)
DSC_39950002-40.jpg


あっちは C(シー)
DSC_39980005-40.jpg


こちらは照明、可愛らしいですね。
DSC_40010008-40.jpg


また旅は続きます。m.m
::more
スポンサーサイト