FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

たるけんの縁側

『小さな住まいの設計室』はじめました

カレンダー(月別)
10 ≪│2005/11│≫ 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
01 09 08 07 06 05 04 03 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 01 11 10 06 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 03 01 12 10 09 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2005.11
05
CM:9
TB:0
18:26
Category : 地上活動
ブリズさ?ん
へとへとの記憶は ↓こちらでしょうか?
DSC059620001.jpg

DSC059630002.jpg

東山温泉そば、飯盛山・白虎隊付近の『桐屋 夢見亭』さんです。
『桐屋 権現亭』さんなるものもありますので、
そちらだったかしら・・・

ちょうど、この塔のへつりに行った帰り
『桐屋 夢見亭』さんで食事をしました。
前から気になっていて、やっと入ったのですが、

うん、オイシイですね。

ブリズさん、食があいますね

と、ここまで、引っ張って違っていたら、笑いましょう。うはは






この間の日曜日、紅葉を見に’塔のへつり’に行きました。
南会津の下郷町に位置し、昭和18年に国の天然記念物に指定されました。
通称 大川ラインと呼ばれる阿賀川沿いに位置し、百万年の歳月をかけて、
凝灰岩を侵食し、風化を繰り返した景勝地です。

この’へつり’という言葉はあまり馴染みが無いと思われますが、
この地方の方言で’断崖や急斜面、危険な崖’を意味します。

会津鉄道の「塔のへつり駅」が、歩って5分程度のところにありますが、
本数には自信がありません・・・
心に余裕がある方は鉄道もいいでしょうね。

岩にはそれぞれ名前があり、虚空蔵菩薩も祭られています。
文字が見えなかった・・・。




同じ下郷町で、この近くに’大内宿’という江戸時代の宿場町が残されています。
茅葺き屋根が連なり、電柱も無く、水路が流れている集落です。
こちらと併せて観光に来られる方がたくさんいらっしゃいますね。
ツアーのバスや県外ナンバーを多く見かけます。

他のアングルからも ご紹介

すごい侵食でしょ



バスクリンを思い出すのは私だけ?


この間のことなので、
塔のへつりに負けず劣らず、私の記事は記憶と共に風化してしまいました。
お後がよろしいようで?m.m
スポンサーサイト