FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

たるけんの縁側

『小さな住まいの設計室』はじめました

カレンダー(月別)
08 ≪│2005/09│≫ 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
01 09 08 07 06 05 04 03 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 01 11 10 06 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 03 01 12 10 09 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2005.09
13
CM:5
TB:0
19:03
Category : 地上活動
A面で告知した『消費から考える森林保全』セミナーを聴いてきました。
今日は朝から車で1時間半かかる現場の調査をし、
さらに1時間半かけて戻りセミナーに参加。
予定通り、途中参加です。

思ったより、大勢の人の関心があったのか200名ほどいたかしら?
「再生紙よりも、新生紙の方が、環境にやさしい。という新しい常識。」
この言葉に惹かれて、私も聴きに行きました。

第一部では「接続可能な森林資源の活用を考える」と題し、
WWFジャパン、富士ゼロックスオフィスサプライ、三菱製紙の方がパネラーとなり
森林資源の持続的な利用を可能にする地域社会の構築についての
ディスカッションでした。
内容は最後の方しか聴いてないので、よく分かりません。

第二部では「地域における森林資源の有効活用」と題し、
速水林業、?吉本、東京電力、県の森林参画グループの方が
自社の取り組みについて、次々お話下さいました。

簡単に言いますと、森林を適切に管理し、そこから伐り出された木材を
積極的に利用することは、健全な森林の育成を支援することになる。
「木材を利用しながら森林をまもる」
認証制度を広め、一般の方にも普及すれば、森が守られるであろう、と。

制度自体は非常に良いと思われますし、取り組んでいる皆さんも高く評価できます。

ただ、残念だったのは速水林業さんが開口一番
「今までで一番涼しい会場ですね」と言った言葉です。

私もオカシイと感じていました。
駅前の一等地の会場で、クーラーのガンガン効いている室内に、
上着を着ながら話をする、聴くことに。

森を守る広報をしながら、エネルギーの無駄遣いとは
よく分からない行動です。
いい話が台無し・・・

最近の選挙のことも、お金の話ばっかり。
もちろん現実だけど、今回のセミナーと同じで

そこだけ良ければいいわけ?

と感じてしまいました。
もっと大きな視野で日本が変わるべき問題を
取り上げてくれる人はいないのでしょうか。

京都議定書を公約に掲げるとか、あっても良いのに
なんて考えた一日でした。

今日は真面目に考えました。m.m
スポンサーサイト