RSS
Admin
Archives

たるけんの縁側

『小さな住まいの設計室』はじめました

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
01 09 08 07 06 05 04 03 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 01 11 10 06 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 03 01 12 10 09 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 09 08 07 06 05 04 03 
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.05
07
CM:0
TB:0
16:25
Category : たてもの
栃木県日光市
大正天皇のご静養地『田母沢御用邸』

IMG_3912.jpg

IMG_3910.jpg

IMG_3913.jpg

IMG_3914.jpg

IMG_3915.jpg

広い、広い、想像以上に広く、そして2月の雪残る時期、足が冷たい。
赤い絨毯の上でも、冷たい。
靴下を貸してくれるという申し出は素直に受けましょう。

1つ1つの仕事が丁寧で、見応えありました。
木と漆の黒がイイ感じにマッチしていて、インテリアは白好きの私にも、いつか取り入れたいな。

レトロなスイッチや、ゆらゆらガラス、テロテロになった真鍮の手摺、いい味出てましたね。
スポンサーサイト
2015.04
11
CM:2
TB:0
02:38
Category : たてもの
私が日本一オシャレな不動産と思っている R不動産 toolboxさんのPin-upに
『隅っこの家』載せて頂きました♪

sumikko_20150411025027d5c.jpg
日本一有名な『隅っこの家』になって下さい^^

今回、toolboxさんのステンレスフレームキッチンを採用したのですが、
購入にあたってのやり取りだけでは終わらず、
その後どうですか?のアフターフォローを頂き、
さらに、事例をブログに載せて頂けるという、願ってもない申し出にワクワクしていました♪

星の数ほどの、素敵でカッコイイ事例の中に混ぜて頂きましたよ☆

担当して下さったH間さん。
いつも文面に、誠実さとウィットに富んだ人柄が表れていて、
くどいですが、星の数ほどある事例の中、一つ一つの物件に光を照らしてくれる
太陽のようなお仕事をされています。

小さくても大きくても、熱心に手を抜かない仕事ぶりに、toolboxさんの繁栄が見えるようです。
私もデキる女史になりたい♪

こうしてまた、toolbox funが増え、銀河のように大きくなるのかなぁ、なんて。
夜中にポエムチックな文面を書いて、おしまいです^^
2015.04
02
CM:0
TB:0
08:47
Category : たてもの
先月お引渡しいたしました 『○〇町の隅っこの家』 
独立して、はじめて設計させて頂いたお宅です。

農振除外・開発等が絡み、完成まで2年半程度 要しました。
長く長く打合せを重ねて、ようやく完成した住まいは、
お施主さんのセンスにより、私を引っ張ってくれる建物でした。

今回初めての試みが、古建具との融合です。
お施主さんに支給頂いて、金物や照明を取付けることは、多々あったのですが、
古い建具は初めてで、どうなるんだろう?と思っていましたが、
建物に入れてみると、あら不思議! しっくり行きました。

そんなエピソードを踏まえて、WEB見学会、ご覧ください。

こちらが、障子の古建具です。
和室から望む

薪ストーブの背面には、6cmという薄さの珍しいコンクリートブロックが使われています(納まり上)
薪ストーブ

漏斗(じょうご)を照明器具にしたペンダントライトのスパイスが効いてます。
ダイニング

R不動産toolboxさんのステンレスフレームキッチン
台所出窓

通路の窮屈感を拭う為に、出窓を設けましたが、同時に、
ご飯を作るお母さんの傍で、お子さんがお話できるような場所に。
出窓

洗濯機へ汚れモノを放り投げる?という不思議なオーダーは、
光が入るとジェームズ・タレルの作品のよう。
タレル風?

壁の色の違いで光の出方が変わっています。
洗面

小さな小さな手洗い器。
トイレ手洗い

壁の厚みの本棚。
階段本棚

向こうに見える壁はラワンです。ガンガン使って頂けるように。
子供室西面

フィラメントの見える照明器具は持込みです。
施主のお父さまが子供の頃使われていたという机もリメイクされました。
永く大事にされています☆
フリースペース

巾の広いキャットウォーク床、安心感が増します。
キャットウォーク

ここにも、古建具が。
吹抜けの窓

吹抜けからテーブルを見下ろすと。
吹抜けから見下ろす

ここにも、まだありますよ、古建具。
寝室の扉

構造用合板で仕上げた荒々しい、男の隠れ家?
寝室の壁

外観です。ガルバリウム鋼板と杉のムク板押縁止めウッドロングエコ仕上です。
昼の外観

【夜編】もどうぞ。
2015.04
02
CM:0
TB:0
07:50
Category : たてもの
薪ストーブ火入れ式の様子と、夜の姿です。

じょうごの照明

薪ストーブ

夜の吹抜け

夜の洗面照明

花束

Pretty boy

寝室

ゆらゆらガラス

夜の外観

つくづく家は施主の鑑だと思う。

大きい家、小さい家。
白い家、黒い家。
既製品と、自然素材。

家を構成する素材はたくさんありますが、
お施主さんのタイプによって、お勧めするモノは変わります。

有名な建築家でなければ、たいがいオーナーの意向が強いでしょう。
気に入って暮らして頂くのが、第一の仕事なので。

自然素材が扱いきれない方には、自然素材は手入れがやっかいだし、
外部に張るなんてもっての外と思われます。

余生を過ごすために小さい家、必要最低限で良い、という方もいれば、
モノがたくさんあるから、大きな家が欲しいという方もいらっしゃいます。

今回のお施主さんは、似た価値観で同じ方向を見て、完成に向かえたなぁと思います。
むしろ、私では想像できなかった世界を教えて頂きました。

ここ、こうする?え~?が、
しっくり、行くんですね。不思議。

これから庭が彩られ、室内も益々、味のある空間となることでしょう。
将来も楽しみです。

たくさんお世話になりました。
どうもありがとうございました。
2014.05
30
CM:2
TB:0
21:04
Category : たてもの
独立して初めての、お家が完成しました。

目と鼻の先、実家を建てた時よりも更に、常に、目の前にありました。

私が普段描いているものの意味が、如実に伝わってきて、
線一本の大切さを、これほど痛感したことが無かったと思います。

職人さんの仕事は、工務店という立場から、ずっと見てきたつもりだったけど、
刻一刻と進んでいく現場を見ながら、時にドキドキしたり、ワクワクしたり。

エキサイティングな毎日でした。

それでもいつか、このお家に明かりが灯る日が来ることを想像して、
一歩一歩進んでいたと思います。

そして今、ほのかな明かりと、子供たちの声と、熟睡できるというお施主さんの言葉に、
地道な努力がハラハラと報われている実感があります。

ここで、幸せな暮らしを送ってほしい。


住まいづくりっておもしろい。
2009.06
13

TB:0
20:41
Category : たてもの
ななな・なんと、ナイコンキャメラの充電が切れた・・・・・プッツン

(西沢さんの建物よ)

ぎりぎり、藤森さんには間に合いましたが、西沢さん、藤本さんの建物にあっては、
すずめの涙ほどしか写真が撮れず、本当に泣く泣くキャメラを借りて撮りました。

で、手元に写真が無い。ショック 
良かったですよ、本当に。お伝えできない(ある意味自慢話)ができないのが、ショックです。






::more
2009.05
26

TB:0
10:13
Category : たてもの
宇都宮に行ってきました。


生の藤森建築は初!



なんとなーく、自由学園 明日館を思いおこしました。



(カーテンをひいた様子)学生さんがいっぱい。

杉を焼いた外壁、炭の家、その名も’コールハウス’ なんですって。
(コールハースをもじってる様子)

藤森さんのイタズラ心が、随所に現れていて、ワクワクする建物です。



::more
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。